スマートフォンで警告 無料コロナアプリを発表<オールバニ>

ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事は1日、新型コロナに感染した人が近くに来ると警告を発する無料アプリの配布開始を発表した。同日付パッチが伝えた。

アプリは携帯電話のブルートゥース機能を使用し、検査結果が陽性だった人が6フィート以内に近づくと、警告を発する仕組み。他人のアプリと連動が可能で、所有者が自らの感染を保健局に報告すると、接触追跡者が連絡先リストを共有する意思があるかを尋ねる。同様のアプリはニュージャージー州、コネティカット州、ペンシルベニア州、デラウェア州でも独自バージョンが提供される。

同知事は、アプリは所有者の個人データ収集や、GPS追跡も使用せず、接触追跡者の取り組みを補完するツールとして設計されていると説明した上で、潜在的なプライバシー侵害に対処するよう最善を尽くしたという。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。