足場から2人救出 ゴンドラ崩壊<マンハッタン>

マンハッタン区のローワーマンハッタン地区で5日午前9時すぎ、高層ビルの足場が大きく傾き、作業員2人が不安定な状態で宙吊りになった後で無事救出された。同日付ABC7ニューヨークが伝えた。

事故が起きたのは、250ビージーストリート。通報を受けたFDNYが現場に向かい、作業員2人に命綱を掛けて固定し、作業員との連絡手段を確保。足場がさらに動かないよう支持材を確認してから、窓を切り開いて救出を行った。

救出作業は40分ほどかかり、午前10時ごろにビルの20階から救助された。作業員2人にけがはなく、治療を拒否したという。安全性警告アプリのシチズンは、水平のはずの足場の左側が下に70度ほど傾いた映像を公開した。事故の原因については調査中。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。