乳児揺さぶり殺害 母親の恋人を逮捕 <マンハッタン>

マンハッタン区ローワーイーストで先月23日、乳児を揺さぶり、脳損傷を引き起こして死亡させた男が逮捕された。先月25日付amニューヨークが伝えた。

NYPDは先月21日午後8時12分、ウォーターストリート662番地のアパート、ブレーデック・ハウシズで助けを求める911通報を受けた。

現地に到着した警官は、外傷はないものの意識不明で無反応の、ケセアン・モーガンちゃん(生後3カ月)を発見。ケセアンちゃんはコーネル医療センターに運ばれたが先月24日、脳損傷のため死亡した。

NYPDの捜査の結果、乳児の母親の恋人で同居していた、デービット・パトリック被告(30)がケセアンちゃんを揺さぶり、脳の損傷と出血を引き起こしたことが分かった。

同被告は先月23日に逮捕され、暴行罪や無謀な暴行で児童に脳損傷を与えた罪、児童を傷つける行為を働いた罪などで、起訴された。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。