乳児揺さぶり殺害 母親の恋人を逮捕 <マンハッタン>

マンハッタン区ローワーイーストで先月23日、乳児を揺さぶり、脳損傷を引き起こして死亡させた男が逮捕された。先月25日付amニューヨークが伝えた。

NYPDは先月21日午後8時12分、ウォーターストリート662番地のアパート、ブレーデック・ハウシズで助けを求める911通報を受けた。

現地に到着した警官は、外傷はないものの意識不明で無反応の、ケセアン・モーガンちゃん(生後3カ月)を発見。ケセアンちゃんはコーネル医療センターに運ばれたが先月24日、脳損傷のため死亡した。

NYPDの捜査の結果、乳児の母親の恋人で同居していた、デービット・パトリック被告(30)がケセアンちゃんを揺さぶり、脳の損傷と出血を引き起こしたことが分かった。

同被告は先月23日に逮捕され、暴行罪や無謀な暴行で児童に脳損傷を与えた罪、児童を傷つける行為を働いた罪などで、起訴された。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。