対面授業10月まで延期 組合や保護者に市長屈する <マンハッタン>

ニューヨーク市のビル・デブラシオ市長は17日、今月21日に予定していた公立学校の対面授業の再開を遅らせると発表。教員不足や感染対策などの準備の遅れを懸念する組合や保護者の圧力を受けての動きとなった。17日付NBCニューヨークが伝えた。

当初の予定通り21日から再開するのは、3KとプリK(3〜4歳)および特別支援学校。29日からはK5とK8(5〜13歳)、10月1日(木)からは中学校と高校の対面授業を開始する。リモート授業の開始は、21日から行われた。

17日の時点で、全面的リモート授業を選択した市内公立校の生徒は42%と、2週間で15%増加。市は、教員不足が原因と述べている。同市長は17日、教員の追加雇用について、約束した2000人に加え、さらに2500人を雇用すると述べたが、組合は1万人の教員が必要だと主張している。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。