週末の地下鉄で脱線事故 線路に金属片置いた30歳を逮捕 <ブルックリン>

マンハッタン区の地下鉄Aラインで20日朝、走行中の電車が脱線し、3人の乗客が軽傷を負った。ブロンクス在住の30歳の男が、線路上に金属片を置いた疑いで逮捕された。同日付CBSニューヨークが伝えた。

MTAの発表によると、前輪四つが外れて脱線し、車両だけでなく、線路や線路間の鉄柱なども大きく損傷した。乗客135人は無事避難した。

男は逃走しようとしたが、現場に居合わせた人々に取り押さえられ、警察で身柄を数時間拘束された後、無謀な危険行為や器物損壊、傷害、不法侵入容疑で逮捕。男は情緒障害のあるホームレスで、これまでに強盗や治安びん乱行為などで21回の逮捕歴があるという。事故により短時間の停電が発生し、一部運行停止や遅延が起きたが、21日の朝5時には全面復旧した

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。