失業者に300ドル追加給付金を毎週上乗せ <オールバニ>

ニューヨーク州労働局は、新型コロナウイルスの影響で失業した州民に対して、失業保険に週300ドルを上乗せで給付すると発表した。17日付ABC7ニューヨークが伝えた。

連邦政府のロスト・ウェイジ・アシスタンス(LWA)プログラムに基づく追加給付金で、最大240万人の州民が対象となる。連邦政府により3月末から実施されていた、同州の失業者に対して週600ドルの補助金を給付していたプログラムが7月末に終了したことを受けた措置。

対象者には州当局から電子メールで通知が届く。事前に通知がなかった失業者は、オンラインまたは電話で申請可能。

初回のLWA給付金は8月2、9、16日に終わる週にさかのぼった計900ドルで、州が委託した金融機関が今月17日に給付手続きを行ったが、システムが処理しきれず、一部では18日午後遅くまで入金されなかった。

同州はコロナ禍の間、これまで350万人の州民に対して、437億ドルの失業手当を給付してきた。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。