消防士らが大活躍 女性暴行の容疑者捕らえる <ブルックリン>

先月26日の夕方、ブルックリン区ベッドフォード=スタイベサントの消防署前で、自転車に乗った男が通りがかりの女性の顔を殴って転倒させ、これを目撃した消防士4人が男を追いかけて取り押さえる事件があった。6日付CBSニューヨークが伝えた。

消防士らは、NYPDが到着して逮捕するまで男の身柄を拘束し、通行人らが女性の様子を見守った。

逮捕されたダニエル・ビッグス容疑者(53)は、強盗から暴行まで18回の逮捕歴があり、地元住民の間でよく知られている存在だったという。直近では先月2日に26歳の男性の顔を切りつけた容疑で逮捕された。

容疑者は、消防士らに身柄を拘束されている間も、1人の消防士(29)の目を殴り、アザと腫れを引き起こした。地元住民は、容疑者を拘束した消防士らに対する感謝をメディアに語った。

NYPDによると、ビッグス容疑者と被害者の女性(60)は面識がなく、暴行の動機は不明。女性は口に切り傷を負ったが、現場で治療を受けることを拒否したという。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。