ホームレス擁護派も抗議 UWS治安が悪化 <マンハッタン>

ニューヨーク市ホームレスサービス局は3月から、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、ホームレスをシェルターからホテルに移していた。市は今月9日、そうしたホテルの一つである、マンハッタン区アッパーウェストサイドの「ルーサンホテル」から、ホームレスを別の場所に移動させると発表。ホームレス擁護者らは13日、それに対する抗議活動を同ホテル前で行った。13日付FOX5ニューヨークが伝えた。

市は7月に同ホテルを借り上げ、ホームレス男性300人を収容したが、付近の住民は、それらホームレスが麻薬の使用、販売を行う他、公共の場で排尿をするなど、生活の質にかかわる問題を起こしていると苦情を申し立てていた。

13日に行われた抗議活動は、同ホテル前から開始され、86ストリート沿いにあるアッパーイーストの市長官邸グレイシーマンションまで行進した。

また同ホテルからのホームレス移動によって、市内の他ホテルからホームレスが追い出されるのではないかという懸念の声も上がっている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。