大手ホテルも被害 コロナで一部店舗を閉鎖 <マンハッタン>

マンハッタン区にあるホテル、「ヒルトン・タイムズスクエア」が、ニューヨーク州に廃業を申請した。2日付PIX11が伝えた。

44階建ての同ホテルは、コロナによる観光客減少の最新の犠牲となった。閉鎖の影響を受ける従業員数は200人とみられる。同社は3月16日から従業員に対し、一時帰休を実施していたが、10月14日で廃業することとなった。

全米の宿泊事業者が大きな打撃を受けており、その多数は政府から融資を受けているものの、減収を相殺するには不足だった。

タイムズスクエアには通常、年6500万人以上の観光客が訪れているが、今年はブロードウェーの劇場や美術館などの相次ぐ閉鎖の影響で、観光客が激減していた。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。