教育局が校長解任 いじめ事件などが原因 <クイーンズ>

クイーンズ区ベイサイドのMS158マリー・キュリー校で昨年、複数の生徒が複数の事件の被害にあったことを受け、ニューヨーク市教育局(DOE)にが校長を解任したことが分かった。2日付amニューヨークが伝えた。

同校では昨年、生徒がクラスメートの男子から何カ月にもわたって性的嫌がらせを受けたり、別の生徒が直腸に指を無理やり入れられるなどの事件が発生。

いずれの事件でも逮捕者が出たが、被害者らの保護者は「事件を起こした生徒らが停学処分を受けたこともなく、同校長は保護者の懸念に適切に対処できなかった」とニューヨークポストに述べた。

DOEは「同校長を解任し、サフォーク郡のロバート・モーゼス中学校で校長補佐を務めたピーター・マクヒュー氏が、暫定校長代行に当たる」と発表。恒久的な校長雇用手続きは16日から開始される。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1245

春到来! 週末のプチお出かけ 〜ハドソン川流域・キャッツキル山麓編〜

桜の花も満開を迎え春の行楽シーズンがやって来た。ニューヨーク市内から日帰りできるハドソン川流域・キャッツキル山麓の人気のスポットを紹介しよう。

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。