5歳少女が活躍 排水路落ちた白鳥を救う <ロングアイランド>

ナッソー郡メリックで、5歳の少女が、雨水排水路に閉じ込められた白鳥を救助する手助けをした。3日付ABC7ニューヨークが伝えた。

オリビア・カマラータちゃん(5)は祖母と自宅近くを歩いていたときに、排水口から奇妙な音を聞き、父親にテキストを送信。父親は警察に通報し、警察が救急隊と動物保護団体職員を伴い救出に向かった。

救急隊員らが排水口のふたを持ち上げ、野生動物保護センターの職員2人が、溝に落ちた白鳥の救出を試みた。救出に当たった同センターのカレンリン・ストラッハーさんは、「遭難した白鳥は自力で外に出る方法がありませんでした。オリビアちゃんが発見しなければ白鳥は助からなかっただろう」と話した。オリビアちゃんは白鳥をピーナツと名付け、「大きくなったら獣医になりたい」と語った。

同郡警察のデービット・テイト巡査は、「皆がストレスに耐えている今、小さな女の子と白鳥が皆に笑顔をもたらせたのはすばらしいことです」と話した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1159

夏バテはこれで解決!

暑さで体調を崩しがちなこの季節、ヘルスケアの専門家から夏を乗り切るための注意点や対策を教えてもらった。

Vol. 1158

今が旬のフルーツ狩りに行こう!

ニューヨークでもさまざまなフルーツが旬を迎えている今日この頃。自然に囲まれながら、甘くておいしいフルーツを思う存分堪能できる楽しいフルーツ狩りに、家族や友人と出掛けてみては?

Vol. 1157

魅力満載のグリーンポイントを解剖!

川を挟んでクイーンズのロングアイランドシティーと面するブルックリン最北端のグリーンポイントは、昔ながらの街並みと店を残しながらもトレンディーな店もあり、イーストリバー沿いは開発も進む注目のエリアだ。さらに進化する最近のグリーンポイントを歩いてみよう。

Vol. 1156

フェリーに乗って行く週末のプチお出掛け 〜スタテン島編〜

マンハッタン区南端からフェリーに乗ってわずか25分。通勤圏内にもかかわらず、住民以外で訪れる人が少ないスタテン島。しかし意外にも見どころはたくさんある。今号は「近くて遠い」スタテン島の魅力に迫る。