教会管理人を射殺 ホームレスの男を逮捕 <マンハッタン>

先月31日午後5時過ぎ、ブルックリン区ベッドフォード=スタイベサントの教会管理人が勤務中に銃撃されて死亡した事件で、麻薬中毒のホームレスの男(39)が、殺人と銃火器の不法所持容疑で逮捕された。4日付amニューヨークが伝えた。

死亡したエドワード・ジェームズさん(62)は、同区にあるグロリアス・チャーチ・オブ・ゴッド・イン・クライストの入り口で、教会に入ってこようとした男に背後から4回撃たれた。ジェームズさんは教会の2階で発見され、付近の病院に搬送されたが死亡を宣告された。ジェームズさん自身もアルコール中毒から立ち直り、ホームレスをやめて教会で働くようになったという。

ニューヨーク市内では銃撃事件が多発しており、ジェームズさんが銃撃された翌日の今月1日、地域指導者らが同教会の前に集まり、警官の保護強化と今回の銃撃事件の容疑者逮捕を求めた。その数分後、同教会から数ブロック離れたところで別の男性が銃撃され、付近の病院で手当てを受けたという。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。