20億ドル損害賠償 飲食店経営者ら訴える <マンハッタン>

ニューヨーク市の飲食店経営者の一部は、新型コロナウイルスの影響を受けて、屋内飲食禁止の損害賠償として、20億ドルを求める集団訴訟をニューヨーク州に対して起こした。3日付ABC7ニューヨークが伝えた。

市会議員の一部も、市内での屋内飲食を求める圧力をかけているが、アンドリュー・クオモ州知事は同日、「コロナ感染拡大防止のための規制順守を確実にする計画を市が策定しない限り、屋内飲食の再開は認めない」と述べた。

同市は、ニューヨーク州内で唯一、屋内飲食の再開がいまだに認められていない。再開についての懸念として、市内の飲食店の多数は規模が小さく、当局が収容人数制限を強制できない恐れがあるとしている。

ニュージャージー州では4日から、25%の収容人数で屋内飲食が再開。同市を除くニューヨーク州とコネティカット州では、50%の収容人数で屋内飲食が6月から再開されている。ビル・デブラシオ市長は2日、屋内飲食についての何らかの発表が今月中に行われる可能性を示唆した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1158

今が旬のフルーツ狩りに行こう!

ニューヨークでもさまざまなフルーツが旬を迎えている今日この頃。自然に囲まれながら、甘くておいしいフルーツを思う存分堪能できる楽しいフルーツ狩りに、家族や友人と出掛けてみては?

Vol. 1157

魅力満載のグリーンポイントを解剖!

川を挟んでクイーンズのロングアイランドシティーと面するブルックリン最北端のグリーンポイントは、昔ながらの街並みと店を残しながらもトレンディーな店もあり、イーストリバー沿いは開発も進む注目のエリアだ。さらに進化する最近のグリーンポイントを歩いてみよう。

Vol. 1156

フェリーに乗って行く週末のプチお出掛け 〜スタテン島編〜

マンハッタン区南端からフェリーに乗ってわずか25分。通勤圏内にもかかわらず、住民以外で訪れる人が少ないスタテン島。しかし意外にも見どころはたくさんある。今号は「近くて遠い」スタテン島の魅力に迫る。

Vol. 1155

知って得する! NYの物件事情

ポストコロナの今、ニューヨークで生活をしていると、インフレの影響もあって物価の高騰を実感せざる得ないだろう。もちろん不動産の価格も上がり続けている。物件探しのコツをつかんで、いい住まいを早めに押さえよう!