警官が黒人男性を窒息死 ひまつ防止の袋かぶせる <アップステート>

ニューヨーク州ロチェスターで3月30日、武器を持たない黒人男性が複数の警官に押さえ付けられた後、1週間後に死亡していたことが2日、遺族が行った記者会見によって公表された。3日付NBCニューヨークが伝えた。

亡くなったダニエル・プルードさん(41)の遺族が記者会見で公開した、警官のボディーカメラの映像と報告書によると、プルードさんが裸で通りを走っていたところ、複数の警官に取り押さえられ、ひまつ防止用の袋をかぶせられて、地面にうつ伏せの状態で約2分間押さえ付けられた。プルードさんが新型コロナウイルスに感染していると告げ、警官の方に向かい唾を吐き続けたために、警官たちは「唾液防止フード」をプルードさんにかぶせた。プルードさんは家族に死が続いたことから、精神状態が不安定になっていたが、他人に危害を与えることはなかったという。

アンドリュー・クオモ州知事事は3日、プルードさんの死について迅速な調査をロチェスター警察に要求。同日夜、同警察本部前とプルードさんが警察に押さえ付けられた場所で、抗議と追悼が行われた。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1245

春到来! 週末のプチお出かけ 〜ハドソン川流域・キャッツキル山麓編〜

桜の花も満開を迎え春の行楽シーズンがやって来た。ニューヨーク市内から日帰りできるハドソン川流域・キャッツキル山麓の人気のスポットを紹介しよう。

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。