屋内での飲食再開州内全域で4日から開始 <ニュージャージー>

ニュージャージー州のフィル・マーフィー知事は先月31日、今月4日の午前6時から、州内全域の飲食店で制限付きで屋内営業の再開を認めると発表した。先月31日付FOX5ニューヨークが伝えた。

知事は、収容可能人数の25%を上限とし、各テーブルの配置は社会的距離を保持するという制限付きで屋内営業を認めるとツイッターで発表。「責任を持っての再開は、新型コロナウイルス対応に引き続き前進する一方で、州の主要産業の一つの回復に貢献する」と述べた。

同州では6月15日から屋外での飲食店営業と必需品以外を販売する店舗営業再開が認められ、当初は7月4日前に屋内での営業再開を認める方向だったが、感染者数増加を受けて先送りされた。同州の飲食店業界は、屋内営業禁止が長引くにつれ、その影響を懸念していた。

業界団体は、今回の知事の発表を「遅すぎた」と批判し、保険衛生状況が許せば、屋内の収容人数を11月までに段階的に50%まで増やすよう求めた。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。