従業員らに暴行マスク着用を巡り衝突 <ブロンクス>

9日にペンシルべニア州バックス郡のテーマパーク「セサミプレース」で、マスク着用を求めた従業員の顔を殴り、あごの骨を骨折させた男が、19日にブロンクス区の自宅で逮捕された。20日付NBCニューヨークが伝えた。

同施設の従業員(17)が、子供連れの男(39)と女(31)にマスク着用を促したところ、容疑者の男が従業員をいきなり殴り、従業員は意識を失って倒れた。女も、助けを求めようとした他の従業員の顔を殴った。警備員が加害者の男女を追いかけたが逃走。被害者の従業員は1週間入院し、あごの手術を2回受け、損傷した歯を抜いたと伝えられた。

捜査当局は、監視映像やチケット購入情報などの手掛かりから、加害者の自宅を突き止めたが、男が自宅に立てこもり、連邦保安官らが突入。男は、加重暴行、無謀な危険行為、治安びん乱、嫌がらせなどの容疑で逮捕された。女は、単純暴行や共謀などの罪に問われ、自首する見込み。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。