18年前の未解決事件2人の男を訴追 <クイーンズ>

2002年10月に、ニューヨーク市出身の人気ヒップホップグループ「RUN DMC」のメンバー、ジャム・マスター・ジェイ(本名ジェイソン・ミゼル)さんが、クイーンズ区ジャマイカのレコーディングスタジオで銃撃され死亡した事件を巡り、米司法当局は17日、殺人の疑いで容疑者の男2人を訴追したと発表した。18日付ABC7ニューヨークが伝えた。

容疑者の2人は同区在住で、麻薬密売容疑でも起訴された。

殺人の動機は麻薬取引を巡る争いとみられ、ジェイさんが複数の州にまたがる大規模なコカイン取引から、容疑者の1人を排除しようとしたことにより、報復としてジェイさんを殺害したとされる。

容疑者の1人は16日に逮捕され、17日に出廷し、無罪を主張。もう1人の容疑者は、別の強盗事件ですでに服役中。18年近く未解決事件となっていたが、ついに容疑者が起訴された。

検察当局によると、容疑者に死刑が宣告される可能性もあるという。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。