「イエロー」国連の人種差別アンケート選択肢に 非難の声<マンハッタン>

国連が職員を対象に19日に実施した、人種差別についてのアンケートの中で、「自分をどのように認識しているか」という質問に対する回答の一つとして「イエロー」を挙げていたため、一部職員から非難を受けた。同日付amニューヨークが伝えた。

アンケートはグテレス事務総長による「人種差別根絶」キャンペーンの一環として、職員数千人に電子メールで送信。答えの選択肢は、イエローの他に、ブラック、ブラウン、ホワイト、ミックス、その他となっていた。一部職員は、「イエローを選択肢に入れること自体が、欧米のアジア人に対する歴史的差別を反映している」と、ロイター通信に語った。

人種差別に対する国際的な抗議の高まりを受け、米国の組織や企業では、人種差別対応への圧力が強まっている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1245

春到来! 週末のプチお出かけ 〜ハドソン川流域・キャッツキル山麓編〜

桜の花も満開を迎え春の行楽シーズンがやって来た。ニューヨーク市内から日帰りできるハドソン川流域・キャッツキル山麓の人気のスポットを紹介しよう。

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。