「イエロー」国連の人種差別アンケート選択肢に 非難の声<マンハッタン>

国連が職員を対象に19日に実施した、人種差別についてのアンケートの中で、「自分をどのように認識しているか」という質問に対する回答の一つとして「イエロー」を挙げていたため、一部職員から非難を受けた。同日付amニューヨークが伝えた。

アンケートはグテレス事務総長による「人種差別根絶」キャンペーンの一環として、職員数千人に電子メールで送信。答えの選択肢は、イエローの他に、ブラック、ブラウン、ホワイト、ミックス、その他となっていた。一部職員は、「イエローを選択肢に入れること自体が、欧米のアジア人に対する歴史的差別を反映している」と、ロイター通信に語った。

人種差別に対する国際的な抗議の高まりを受け、米国の組織や企業では、人種差別対応への圧力が強まっている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1159

夏バテはこれで解決!

暑さで体調を崩しがちなこの季節、ヘルスケアの専門家から夏を乗り切るための注意点や対策を教えてもらった。

Vol. 1158

今が旬のフルーツ狩りに行こう!

ニューヨークでもさまざまなフルーツが旬を迎えている今日この頃。自然に囲まれながら、甘くておいしいフルーツを思う存分堪能できる楽しいフルーツ狩りに、家族や友人と出掛けてみては?

Vol. 1157

魅力満載のグリーンポイントを解剖!

川を挟んでクイーンズのロングアイランドシティーと面するブルックリン最北端のグリーンポイントは、昔ながらの街並みと店を残しながらもトレンディーな店もあり、イーストリバー沿いは開発も進む注目のエリアだ。さらに進化する最近のグリーンポイントを歩いてみよう。

Vol. 1156

フェリーに乗って行く週末のプチお出掛け 〜スタテン島編〜

マンハッタン区南端からフェリーに乗ってわずか25分。通勤圏内にもかかわらず、住民以外で訪れる人が少ないスタテン島。しかし意外にも見どころはたくさんある。今号は「近くて遠い」スタテン島の魅力に迫る。