トランプ大統領元側近を起訴 資金調達で詐欺<マンハッタン>

20日、米トランプ大統領の側近だったスティーブ・バノン元主席戦略官が、メキシコ国境の壁建設のために集めた資金を巡る詐欺の疑いで、逮捕・起訴された。同日付パッチが伝えた。

バノン被告ら4人は、壁建設費用としてクラウドファウンディングで集めた2500万ドル以上の寄付の一部を私的に流用。偽りの請求書を作成するなどして流用を隠ぺいした。バノン被告は100万ドル以上を私的な支払いに充てていたとされる。

被告らは、通信詐欺およびマネーロンダリング(資金洗浄)を共謀した罪で起訴された。有罪の場合、それぞれの罪の懲役は最長20年。バノン被告は20日、マンハッタン区の連邦裁判所に出廷して無罪を主張、500万ドルを支払い保釈された。

バノン被告はトランプ大統領の側近として政権入りし、壁建設を含む一部公約の実現に向けて働いたものの、他の側近と衝突し、2017年8月に解任させられている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1158

今が旬のフルーツ狩りに行こう!

ニューヨークでもさまざまなフルーツが旬を迎えている今日この頃。自然に囲まれながら、甘くておいしいフルーツを思う存分堪能できる楽しいフルーツ狩りに、家族や友人と出掛けてみては?

Vol. 1157

魅力満載のグリーンポイントを解剖!

川を挟んでクイーンズのロングアイランドシティーと面するブルックリン最北端のグリーンポイントは、昔ながらの街並みと店を残しながらもトレンディーな店もあり、イーストリバー沿いは開発も進む注目のエリアだ。さらに進化する最近のグリーンポイントを歩いてみよう。

Vol. 1156

フェリーに乗って行く週末のプチお出掛け 〜スタテン島編〜

マンハッタン区南端からフェリーに乗ってわずか25分。通勤圏内にもかかわらず、住民以外で訪れる人が少ないスタテン島。しかし意外にも見どころはたくさんある。今号は「近くて遠い」スタテン島の魅力に迫る。

Vol. 1155

知って得する! NYの物件事情

ポストコロナの今、ニューヨークで生活をしていると、インフレの影響もあって物価の高騰を実感せざる得ないだろう。もちろん不動産の価格も上がり続けている。物件探しのコツをつかんで、いい住まいを早めに押さえよう!