マスク着用拒否 乗客全員が降ろされる <ブルックリン>

19日、ニュージャージー州ニューアーク国際空港に向かう予定の旅客機内で、2歳の女児がマスクを着用せず、その母親も飛行機から降りることを拒否したため、乗客全員が降ろされる騒ぎが起きた。20日付NBCニューヨークが伝えた。

母親は6人の子供を連れ、フロリダ州オーランドの空港でジェットブルーの航空便に搭乗。ブルックリン区フラットブッシュの自宅に帰るために、他の乗客と共に離陸を待っているところだった。

同社は今月10日に新型コロナウイルス対策を強化し、全ての乗客にマスク着用を義務付けた。これを受けて、搭乗員が母親に対して、子供のうち一番幼い2歳の女児にマスク着用を求めたところ、母親は、「女児にマスクを着けさせてもすぐに外してしまう」と訴えた。搭乗員が飛行機から降りるよう指示すると、母親はこれを拒否し、他の乗客も母親を擁護したため、同社は乗客全員に対して降りるよう指示した。

その後、母親と子供たちは再搭乗を許され、無事帰宅した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1113

ちょっとそこまで  魅惑のシティーアイランド

ブロンクスにあるシティーアイランドは、シーフードやマリンスポーツをはじめ、のんびり散歩も楽しめるという魅力的な海辺の街。知る人ぞ知るリゾート地なだけに、訪れたことがないという人も多いかもしれない。そんなシティーアイランドの見所をたっぷりご紹介!

Vol. 1112

この夏は野球アツい!

野球大国であるアメリカ。シーズン真っ最中のMLBの観戦はもちろん、ここニューヨークでは日本人チームによる草野球も盛り上がっているようだ。そんな幅広い野球の魅力を今こそ語り合おう!

Vol. 1111

いよいよ経済再開! ニューヨーク復活へ

6月24日、ついにニューヨーク州の非常事態宣言が解除された。新型コロナウイルスのあらゆる制限が解除となり、約1年3カ月ぶりに本格的に経済再開を果たしたニューヨーク。街は復活に向け着々と進んでいる。

Vol. 1110

ダイバーシティーな街、NYCがムーブメントの発信地! プライド月間への理解を深める

6月はプライド月間。街中を歩いていてもレインボーカラーに彩られたお店をよく目にするようになった。昨年ジョージ・フロイド氏の事件をきっかけに巻き起こったブラック・ライブス・マターのムーブメントやアジアンヘイトの事件の数々など、マイノリティーが声をあげて立ち上がる中、性的マイノリティーとされるLGBTQコミュニティーも積極的に行動を起こしている。