マスク着用拒否 乗客全員が降ろされる <ブルックリン>

19日、ニュージャージー州ニューアーク国際空港に向かう予定の旅客機内で、2歳の女児がマスクを着用せず、その母親も飛行機から降りることを拒否したため、乗客全員が降ろされる騒ぎが起きた。20日付NBCニューヨークが伝えた。

母親は6人の子供を連れ、フロリダ州オーランドの空港でジェットブルーの航空便に搭乗。ブルックリン区フラットブッシュの自宅に帰るために、他の乗客と共に離陸を待っているところだった。

同社は今月10日に新型コロナウイルス対策を強化し、全ての乗客にマスク着用を義務付けた。これを受けて、搭乗員が母親に対して、子供のうち一番幼い2歳の女児にマスク着用を求めたところ、母親は、「女児にマスクを着けさせてもすぐに外してしまう」と訴えた。搭乗員が飛行機から降りるよう指示すると、母親はこれを拒否し、他の乗客も母親を擁護したため、同社は乗客全員に対して降りるよう指示した。

その後、母親と子供たちは再搭乗を許され、無事帰宅した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。