長寿の秘訣は「唐辛子」107歳、二つの感染症から生還 <ニュージャージー>

新型コロナに感染した、ニュージャージー州ミドルタウン在住の107歳の女性が回復。スペイン風邪と新型コロナという二つの感染症からの生還者となった。13日付CBSニューヨークが伝えた。

ブルックリン生まれで、タンゴを踊るのが好きな、アンナ・デル・プリオーレさんの新型コロナ感染が分かったのは5月。熱と咳の症状があったものの、無事回復。デル・プリオーレさんは1918年、6歳の時にもスペイン風邪に感染していたという。

コロナ克服の理由を、「神様と良い友人たち、そして私が健康だから」とし、免疫力と長寿の秘訣(ひけつ)は、「長年の地中海式食生活、特に唐辛子だ」と話した。彼女の105歳の妹もまた、スペイン風邪と新型コロナを生き延びている。

闘病中、孫娘のジャスミンさんは、フェイスタイム通話で祖母の病状を確認。現在は社会的距離を守って訪問をしている。まだハグはできないが、9月のデル・プリオーレさんの108回目の誕生日には、その願いが叶うかもしれない。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。

Vol. 1246

人気沸ピックルボールを楽しもう

あちこちに花も咲き乱れ、4月に入りニューヨークにも春が到来した。本号ではこれからの季節、屋外でも楽しめるピックルボールを紹介する。テニスよりも狭いスペースで出来るピックルボールはここ数年、ニューヨークでも人気だ。