長寿の秘訣は「唐辛子」107歳、二つの感染症から生還 <ニュージャージー>

新型コロナに感染した、ニュージャージー州ミドルタウン在住の107歳の女性が回復。スペイン風邪と新型コロナという二つの感染症からの生還者となった。13日付CBSニューヨークが伝えた。

ブルックリン生まれで、タンゴを踊るのが好きな、アンナ・デル・プリオーレさんの新型コロナ感染が分かったのは5月。熱と咳の症状があったものの、無事回復。デル・プリオーレさんは1918年、6歳の時にもスペイン風邪に感染していたという。

コロナ克服の理由を、「神様と良い友人たち、そして私が健康だから」とし、免疫力と長寿の秘訣(ひけつ)は、「長年の地中海式食生活、特に唐辛子だ」と話した。彼女の105歳の妹もまた、スペイン風邪と新型コロナを生き延びている。

闘病中、孫娘のジャスミンさんは、フェイスタイム通話で祖母の病状を確認。現在は社会的距離を守って訪問をしている。まだハグはできないが、9月のデル・プリオーレさんの108回目の誕生日には、その願いが叶うかもしれない。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1159

夏バテはこれで解決!

暑さで体調を崩しがちなこの季節、ヘルスケアの専門家から夏を乗り切るための注意点や対策を教えてもらった。

Vol. 1158

今が旬のフルーツ狩りに行こう!

ニューヨークでもさまざまなフルーツが旬を迎えている今日この頃。自然に囲まれながら、甘くておいしいフルーツを思う存分堪能できる楽しいフルーツ狩りに、家族や友人と出掛けてみては?

Vol. 1157

魅力満載のグリーンポイントを解剖!

川を挟んでクイーンズのロングアイランドシティーと面するブルックリン最北端のグリーンポイントは、昔ながらの街並みと店を残しながらもトレンディーな店もあり、イーストリバー沿いは開発も進む注目のエリアだ。さらに進化する最近のグリーンポイントを歩いてみよう。

Vol. 1156

フェリーに乗って行く週末のプチお出掛け 〜スタテン島編〜

マンハッタン区南端からフェリーに乗ってわずか25分。通勤圏内にもかかわらず、住民以外で訪れる人が少ないスタテン島。しかし意外にも見どころはたくさんある。今号は「近くて遠い」スタテン島の魅力に迫る。