大統領の弟、死去病院訪問後にゴルフへ <マンハッタン>

米トランプ大統領は15日夜、弟のロバート氏が同日亡くなったと発表した。トランプ大統領より三つ下の71歳だった。16日付amニューヨークが伝えた。

大統領は「彼は私の弟であるだけでなく、親友だった。思い出は私の心の中で永遠に生き続けるだろう」と、声明を発表した。ロバート氏は親族企業の最高幹部を務め、兄と異なり、注目を浴びることを好まなかった。

大統領は14日、マンハッタン区アッパーイーストのニューヨーク・プレスビテリアン病院に、ロバート氏を見舞った。ロバート氏の死因は発表されていないが、大統領は同日、記者団に対して「厳しい状況だ」と語り、見舞った後、週末を過ごすためニュージャージー州にある自身のゴルフクラブへ向かった。

ロバート氏は、大統領のめいのメアリー・トランプ氏が7月に発表した、一族の暴露本の出版差し止めを法廷で争っていたが、敗れている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。