騒音とパーティーの苦情3カ月で21万5000件 <マンハッタン>

5〜8月中旬までにニューヨーク市の苦情サービス「311」に寄せられた騒音とパーティーについての苦情は、昨年同時期の2倍以上である21万5000件に達した。14日付パッチが伝えた。

新型コロナウイルスの感染再拡大が懸念される中、アンドリュー・クオモ州知事は、社会的距離保持の規制を無視した市内のバーや飲食店に対する取り締まりを強化してきた。

だが、311に寄せられた騒音とパーティーに対する苦情の約半数の11万1000件は、住宅地から寄せられ、そのうち約半数がブロンクス区から。その他、ブルックリン区、マンハッタン区、クイーンズ区、スタテンアイランドの順に続いた。

市内では最近、クルーズ船や、ブルックリン区とクイーンズ区を結ぶコスキアスコ橋、さらにMTAバスの中でも、突発的なパーティーが報告されている。騒音とパーティーについての苦情の増加は、こうした集まりがコロナ第二波を招くのではという市民の懸念を反映しているとみられる。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。

Vol. 1246

人気沸ピックルボールを楽しもう

あちこちに花も咲き乱れ、4月に入りニューヨークにも春が到来した。本号ではこれからの季節、屋外でも楽しめるピックルボールを紹介する。テニスよりも狭いスペースで出来るピックルボールはここ数年、ニューヨークでも人気だ。

Vol. 1245

春到来! 週末のプチお出かけ 〜ハドソン川流域・キャッツキル山麓編〜

桜の花も満開を迎え春の行楽シーズンがやって来た。ニューヨーク市内から日帰りできるハドソン川流域・キャッツキル山麓の人気のスポットを紹介しよう。