大手新聞社閉鎖へ財政難とコロナが影響 <マンハッタン>

新聞社大手のトリビューンパブリッシング社は12日、傘下のニューヨークの大衆紙「デイリーニューズ」を含む、五つのニュースルーム(編集室)を閉鎖すると発表した。新型コロナの影響下、社員は在宅で勤務しており、新聞の発行は継続される。同日付NBCニューヨークが伝えた。

シカゴを拠点とする同社は、「シカゴトリビューン」「ボルティモアサン」など、地方紙8紙を発行。「デイリーニューズ」は一時、米国最大発行部数を誇ったものの、経済危機に陥った後、17年に同社に1ドルで買収された。その際、社員は半数に減らされている。

閉鎖は社員の健康や経済事情を考慮した上で決断。同社広報担当者は「今後もオフィス空間の必要性を検討していく」と述べた。4ニューヨークプラザにある同紙は、12日に正式に閉鎖。社員の在宅勤務の終了時期は不明だが、少なくとも21年1月まで続く予定。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。