地元集会で抗議反ユダヤ主義の標的に <マンハッタン>

マンハッタン区アッパーイーストで11日、ニューヨーク州議会のレベッカ・シーライト議員の事務所に反ユダヤ主義的な破損行為があった。12日付amニューヨークが伝えた。

11日朝に出勤した同議員の事務所職員が、事務所の窓とドアに白いペンキが撒かれ、同議員に向けた反ユダヤ主義的でわいせつな言葉が書かれたメモが、ドアの下に滑りこませてあったのを発見した。

同議員は同日午後、信仰団体や地元指導者らと共に記者会見を開き、破損行為に対する怒りを表明。塗料を撒くのに使ったヘラが現場に残されており、警察へ提出された。

ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事は、「この卑劣な行為はニューヨークの道徳的価値とは相反する。ニューヨークはヘイトクライムを許さない」とツイッターで支持を表明。また、ビル・デブラシオ市長もツイッターで同議員への支持を表明し、「NYPDのヘイトクライム対策本部が調査中である」と述べた。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1245

春到来! 週末のプチお出かけ 〜ハドソン川流域・キャッツキル山麓編〜

桜の花も満開を迎え春の行楽シーズンがやって来た。ニューヨーク市内から日帰りできるハドソン川流域・キャッツキル山麓の人気のスポットを紹介しよう。

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。