公立学校に看護師を配置秋再開に向け市長発表 <マンハッタン>

ニューヨーク市のデブラシオ市長は13日、「学校再開は時期尚早」との学校側の懸念を払拭しようと、9月からの学校再開計画の中で、全公立学校に「認定」看護師を配置すると発表した。同日付CBSニューヨークが伝えた。

ニューヨーク市教員連盟(UFT)は、「7万人の生徒が医療従事者に相談する機会を持つことは、親や教育者にとって安心だ」と評価。校長連盟は12日、「学校再開は安全には程遠い」と述べ、市内最大の教職員組合も同様の不安を表明していた。UFTのマイケル・マルグリュー会長は、「学校に個人用防護具や清掃用品を備蓄できておらず、現在、換気システムの点検中」と話した。

同市教育局は、「国内で最も厳しい基準を満たさなさければ再開はない」と声明を出した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。