郵便ポストを撤去 大統領選郵便投票の影響<ブロンクス>

今年11月の大統領選では、新型コロナウイルスの影響を受け、郵便投票が急増するとみられているが、財政難に苦しむ米郵政公社(USPS)の処理能力がニューヨーク市内でも問題となっている。16日付NBCニューヨークが伝えた。

15〜16日にかけて、ブロンクス区の複数の場所から郵便ポストが撤去され、同区内の郵便局裏に放置された。米郵便事務労働者組合によると、新しいポストに交換される予定はなく、郵便の処理能力が追いついていない状態だという。ニュージャージー州モリス郡モリスタウンでも15日、郵便ポスト多数が撤去され、トラックの荷台に乗せられ、住民の注目を集めた。

USPSは先月末、各州の選挙管理局に対して、「郵便投票の急増に伴い配達が遅れ、開票日までに選挙管理局に届かない恐れがある」と警告した。トランプ大統領が郵便投票に反対していることから、大統領の長年の支持者である郵政トップのルイス・デジョイ郵政長官が、残業削減や一部の手紙仕分け機を停止させるなどの方法で「郵便投票を妨害しようとしている」との批判が強まっている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1158

今が旬のフルーツ狩りに行こう!

ニューヨークでもさまざまなフルーツが旬を迎えている今日この頃。自然に囲まれながら、甘くておいしいフルーツを思う存分堪能できる楽しいフルーツ狩りに、家族や友人と出掛けてみては?

Vol. 1157

魅力満載のグリーンポイントを解剖!

川を挟んでクイーンズのロングアイランドシティーと面するブルックリン最北端のグリーンポイントは、昔ながらの街並みと店を残しながらもトレンディーな店もあり、イーストリバー沿いは開発も進む注目のエリアだ。さらに進化する最近のグリーンポイントを歩いてみよう。

Vol. 1156

フェリーに乗って行く週末のプチお出掛け 〜スタテン島編〜

マンハッタン区南端からフェリーに乗ってわずか25分。通勤圏内にもかかわらず、住民以外で訪れる人が少ないスタテン島。しかし意外にも見どころはたくさんある。今号は「近くて遠い」スタテン島の魅力に迫る。

Vol. 1155

知って得する! NYの物件事情

ポストコロナの今、ニューヨークで生活をしていると、インフレの影響もあって物価の高騰を実感せざる得ないだろう。もちろん不動産の価格も上がり続けている。物件探しのコツをつかんで、いい住まいを早めに押さえよう!