英航空会社が破産 連邦裁判所に保護申請 <マンハッタン>

英国の航空会社ヴァージン・アトランティックが4日、ニューヨーク市の米国連邦破産裁判所に保護を申請した。同日付NBCニューヨークが伝えた。

同社によると米国破産法第15条の適応の申請は、先月発表した救済計画を実施する英国の裁判所手続きの一環だという。同社の弁護士によると、同社が米国での救済計画の条件を適用するために裁判所命令が必要になる。

同航空会社はパンデミックのため、4月から運航を停止し、7月に再開したばかりだった。また、同社の姉妹航空会社であるヴァージン・オーストラリアも、4月に自国の債権者からの保護を申請した。

航空会社は旅行制限をもたらした新型コロナウイルスの感染拡大で大打撃を受けており、米国での破産申請はパンデミック以来、他にもラテンアメリカの2大空港会社ラタムとアビアンカ、メキシコのアエロメヒコと続いている。

国際航空会社のための貿易グループ「国際航空運送協会」の発表によると、航空業界の今年度の収益は2019年度の半分に低下し、およそ840億ドルの損失を被ると予測している。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1078

リアルで! バーチャルで!

ハロウィーン体験

大規模なパーティーやパレードが難しくとも、10月だけのホラーな雰囲気は楽しめるはず! 今号は、ニューヨーカーが仕掛けるハロウィンの試みの数々をご紹介

Vol. 1077

こだわりのダイナー

ニューヨーク市内の飲食店では先月30日から、インドアも再開。がんばる飲食店への応援も込めて、老舗ダイナーから新しいダイナーまでを紹介します。あなたにとってのお気に入りの店が見つかるかも。

Vol. 1076

ニューヨークらしい秋冬ファッション

先行きが不安な今年の秋冬だからこそ、自分らしいおしゃれで、毎日を明るく過ごしたい! 日本に一時帰国するのを控えている人も多い今年は、あえて「ニューヨークらしい」ファッションを楽しんでみない?

Vol. 1075

さりげなく差を付ける身だしなみ

新型コロナウイルスの影響で自粛生活が続き、外出しないため、身だしなみにもこだわらなくなった人も多いのでは? 外出の機会も増えていく中、さりげなく、そして、かっこよくきめる、NY在住者のこだわりの身だしなみを今号では探ってみた。