州知事立ち退き令に署名コロナ集結まで延長 <オールバニ>

新型コロナウイルスの感染拡大により、3月に制定された立ち退き猶予期間が今月5日に期限切れとなったため、6日、ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事は、9月4日まで延長する行政命令に署名した。同日付amニューヨークが伝えた。

同知事とメリッサ・デローザ知事秘書官は6日、「この命令は、今年3月に制定された法律を本質的に強化するものだ」と説明した。

ニューヨーク市のビル・デブラシオ市長によると、市内だけでも1万 4000世帯以上の賃貸世帯が家を失うリスクがあるという。これらの多くはコロナにより職を失った世帯であり、市内では3月以来、130万人が失業保険を申請している。

同市長はまた、延長は完全な解決策ではないことを認め、議会とホワイトハウスに新たな援助を呼び掛けた。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。