ゴルフ無観客で9月開催コロナ影響で3カ月延期 <アップステート>

全米ゴルフ協会は先月29日、ニューヨーク州ママロネックで開催される男子ゴルフのメジャー大会の一つ「全米オープン」を無観客で開催すると発表した。同大会は当初6月18〜21日に開催予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、9月17〜20日開催に延期が決定していた。先月29日付NBCニューヨークが伝えた。

全米ゴルフ協会のマイク・デイビスCEOは、無観客での開催について、「ファンの興奮と、彼らの存在が大会にもたらすものがないのは残念だ」と述べた。

ニューヨークのアンドリュー・クオモ州知事は、「無観客とはいえ、開催は全米のスポーツファンにとって歓迎すべきであり、われわれが活動再開する中で、日常感覚の回復を助けるだろう」と述べた。

「全米オープン」の他、今年開催のメジャー3大会では、9日からカリフォルニア州サンフランシスコで開幕の「全米プロゴルフ選手権」も無観客で開催となる。開幕が11月12日に延期された「マスターズ」は、観客の有無について検討中。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。