コロナ感染犬が死亡飼い主感染後に発覚 <スタテンアイランド>

スタテンアイランドに住む家族が、コロナ感染症の検査で陽性となった、米国初のペット犬の最後の日々を、ナショナルジオグラフィックの独占インタビューで語った。先月30日付ABCニューヨーク7が伝えた。

6歳のジャーマンシェパードを飼っていたロバート・マホニーさんは4月12日に、自身がコロナウイルスの陽性反応があった知らせを電話で受けた。マホニーさんに症状が出始めたころ、犬も鼻に濃い粘液がみられ、呼吸も荒くなった。

家族は検査可能な獣医を探し、ベイストリート動物病院で検査。結果は陽性だった。犬の尿には血が混じり、呼吸が重く、歩行困難になっていた先月11日には、台所で血の塊を吐いていたのを家族が発見。急いで病院に運び、安楽死を決めたという。血液検査で犬がリンパ腫を持っていたことも分かった。

同誌は、動物の検査が必須でないことから、感染しているかを知るデータが十分でないと指摘した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1094

音は続くよ、どこまでも

音を楽しむと書いて「音楽」と読むがまさに今、長く続くコロナ禍で音楽が心の支えとなっている人も、多いのではないだろうか。  今号では、コロナに負けず活動を続けるミュージシャンたちを一部だが紹介していく。オンラインはもちろん、直接鑑賞できる機会も紹介。聞いて感じて、あなただけの癒やしの音を手に入れよう!

Vol. 1093

暮らしのトラブルに強くなる!

水道詰まり、ネズミ被害、家賃交渉——他の人が経験しているあれこれ、自分に降りかかった時のことは考えてる? 今号は、住居にまつわる意外と忘れがちな自衛対策を紹介。

Vol. 1092

寒い冬だからこそあったかスープで芯まで温まりたい!

寒さの厳しいニューヨークの冬には温かいスープを! 外食規制のある現在、家で作れるスープレシピをマスターするも良し。オススメのスープのテークアウトもよし。寒い冬を乗り切ろう!

Vol. 1091

創作の世界「縫う、編む、織る人々」

刺しゅう、手芸、編み物、キルト、洋裁、和裁……。布と糸を使った創作は幅広いが、今号は、オーダーメードで制作するアーティストや教室で教える講師の「縫う、編む、織る」作品にフォーカス。オリジナル作品をオーダーしたり、自宅で実際に作ってみたりしながら、創作の世界を感じてみよう。