コロナ感染犬が死亡飼い主感染後に発覚 <スタテンアイランド>

スタテンアイランドに住む家族が、コロナ感染症の検査で陽性となった、米国初のペット犬の最後の日々を、ナショナルジオグラフィックの独占インタビューで語った。先月30日付ABCニューヨーク7が伝えた。

6歳のジャーマンシェパードを飼っていたロバート・マホニーさんは4月12日に、自身がコロナウイルスの陽性反応があった知らせを電話で受けた。マホニーさんに症状が出始めたころ、犬も鼻に濃い粘液がみられ、呼吸も荒くなった。

家族は検査可能な獣医を探し、ベイストリート動物病院で検査。結果は陽性だった。犬の尿には血が混じり、呼吸が重く、歩行困難になっていた先月11日には、台所で血の塊を吐いていたのを家族が発見。急いで病院に運び、安楽死を決めたという。血液検査で犬がリンパ腫を持っていたことも分かった。

同誌は、動物の検査が必須でないことから、感染しているかを知るデータが十分でないと指摘した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1153

マインドフルに生きよう!

心や体を落ち着かせる効果があるとされるマインドフルネス。慌ただしく不安が尽きない日々の中で、生活に取り入れてみると少しは気持ちが楽になるかもしれない。すでに実践している人も未体験の人も、今号を読んでマインドフルネスについての理解を深めよう!

Vol. 1152

ニューヨークで学ぶ! 楽しむ! 子供の習い事 最新情報

新しい生活がスタートする5月。この時期に子供に習い事をさせたいと考える親も多い。子供向けの習い事教室の傾向や日米の違い、選ぶときの注意点やポイントなどについて、教育コンサルタントの船津徹さんに話を聞いた。

Vol. 1151

日本の手仕事

来る14日に開催されるジャパンパレードにちなみ、今号は日本の手仕事を特集する。日本の工芸やデザインをニューヨークに紹介してきた第一人者や、当地で活動する工芸作家、日本の無名作家を発掘する若きギャラリーオーナーに話を聞いた。

Vol. 1150

ニューヨーク、フードトラック最前線!

屋外でランチを楽しめる季節になってきた    ニューヨーク。テイクアウト需要が高まり、ますます進化を遂げているのがフードトラックだ。今号ではパンデミックの影響や近年のトレンドについて解説し、ニューヨークで楽しめるおすすめ のフードトラックを紹介する。