コロナ感染犬が死亡飼い主感染後に発覚 <スタテンアイランド>

スタテンアイランドに住む家族が、コロナ感染症の検査で陽性となった、米国初のペット犬の最後の日々を、ナショナルジオグラフィックの独占インタビューで語った。先月30日付ABCニューヨーク7が伝えた。

6歳のジャーマンシェパードを飼っていたロバート・マホニーさんは4月12日に、自身がコロナウイルスの陽性反応があった知らせを電話で受けた。マホニーさんに症状が出始めたころ、犬も鼻に濃い粘液がみられ、呼吸も荒くなった。

家族は検査可能な獣医を探し、ベイストリート動物病院で検査。結果は陽性だった。犬の尿には血が混じり、呼吸が重く、歩行困難になっていた先月11日には、台所で血の塊を吐いていたのを家族が発見。急いで病院に運び、安楽死を決めたという。血液検査で犬がリンパ腫を持っていたことも分かった。

同誌は、動物の検査が必須でないことから、感染しているかを知るデータが十分でないと指摘した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1114

楽しい夏こそ紫外線対策!

太陽が燦々と照りつける毎日、外で楽しく遊べる季節だからこそ、きちんとした知識を持って、紫外線対策をしたいところ。紫外線に当たることで起こるさまざまな弊害も今号できちんと把握しておこう!

Vol. 1113

ちょっとそこまで  魅惑のシティーアイランド

ブロンクスにあるシティーアイランドは、シーフードやマリンスポーツをはじめ、のんびり散歩も楽しめるという魅力的な海辺の街。知る人ぞ知るリゾート地なだけに、訪れたことがないという人も多いかもしれない。そんなシティーアイランドの見所をたっぷりご紹介!

Vol. 1112

この夏は野球アツい!

野球大国であるアメリカ。シーズン真っ最中のMLBの観戦はもちろん、ここニューヨークでは日本人チームによる草野球も盛り上がっているようだ。そんな幅広い野球の魅力を今こそ語り合おう!

Vol. 1111

いよいよ経済再開! ニューヨーク復活へ

6月24日、ついにニューヨーク州の非常事態宣言が解除された。新型コロナウイルスのあらゆる制限が解除となり、約1年3カ月ぶりに本格的に経済再開を果たしたニューヨーク。街は復活に向け着々と進んでいる。