コロナ感染犬が死亡飼い主感染後に発覚 <スタテンアイランド>

スタテンアイランドに住む家族が、コロナ感染症の検査で陽性となった、米国初のペット犬の最後の日々を、ナショナルジオグラフィックの独占インタビューで語った。先月30日付ABCニューヨーク7が伝えた。

6歳のジャーマンシェパードを飼っていたロバート・マホニーさんは4月12日に、自身がコロナウイルスの陽性反応があった知らせを電話で受けた。マホニーさんに症状が出始めたころ、犬も鼻に濃い粘液がみられ、呼吸も荒くなった。

家族は検査可能な獣医を探し、ベイストリート動物病院で検査。結果は陽性だった。犬の尿には血が混じり、呼吸が重く、歩行困難になっていた先月11日には、台所で血の塊を吐いていたのを家族が発見。急いで病院に運び、安楽死を決めたという。血液検査で犬がリンパ腫を持っていたことも分かった。

同誌は、動物の検査が必須でないことから、感染しているかを知るデータが十分でないと指摘した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1082

ニューヨークで故郷の味

一時帰国できなくても、ニューヨークにはおいしい日本食がある! 今号では、沖縄・北海道・福岡・大阪の郷土料理を提供するレストランを紹介。

Vol. 1081

コロナウイルスニューヨーク・2020年秋冬版

まだまだ忍耐の日々は続きそうだ。現在進行形で感染者数が激増しているが、検査の実態は? 日本へ帰国するとどうなる? ジャピオンと情報を整理しよう。

Vol. 1080

進むキャッシュレス化

新型コロナウイルスの影響で、ますますキャッシュレス化が加速している。コロナ禍での変化や便利なツールなどを、専門家たちに聞いてみた。

Vol. 1079

食欲の秋

ステーキが食べたい

おいしいものをたらふく食べたい季節ということで、今号ではステーキを大特集! サンクスギビング、クリスマスシーズンを前に、お家でおいしくステーキを焼くテクニックや、おいしいステーキが味わえるスポットを知っておくべし!