カニエ出馬に申し立て弁護士が署名無効を主張 <ニュージャージー>

ヒップホップ歌手のカニエ・ウェストが先月27日、今年の米大統領選への立候補をニュージャージー州の連邦選挙委員会に申請したことについて、同州の弁護士が異議を申し立てた。同30日付CBSニューヨークが伝えた。

ウェストは、ニュージャージー州での出馬申請に必要な有権者の署名800人分を上回る、1300人以上の署名を集めて申請した。しかし、選挙法弁護士のスコット・サーモン氏は、そのうち600人分以上の署名が無効であり、その一部は同じ筆跡のように見えると申し立て、ウェストの立候補が取り消されるべきだと主張している。

ウェストは先月19日、サウスカロライナ州で選挙運動を開始。元奴隷で奴隷の脱出・解放に尽力したハリエット・タブマン氏を非難するなど、型破りな演説を行った。

妻のキム・カーダシアンは先月、ウェストは躁うつ病だと語り、世間に理解を求めた。今月4日、ウェストは大統領選出馬の申請を取り下げている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1088

新型コロナ時代のサバイバルエクササイズ

2021年を迎えても新型コロナウイルスの猛威はなかなか鎮まらない。寒さも合間って自宅での巣ごもりが続くが、ここで運動不足になって抵抗力が落ちてしまうと本末転倒。そこで、今回は自宅でできるエクササイズと、その補助ツールやティップを紹介する。

Vol. 1086

まだまだ激動のコロナ渦教育

ニューヨーク市内の再度のシャットダウンも、いよいよ現実味を帯びてきた。リモート勤務に慣れてきた大人がいる一方、子供、そして親は、対応が二転三転する学校教育に戸惑いを覚えっぱなしだ。今、何が起こっている?

Vol. 1085

冬の乾燥対策で不安を撃退!

寒さが厳しくなるなか、新型コロナウイルスの猛威が再び押し寄せている。冬季は今まで以上にウイルスのまん延が懸念されているため、乾燥対策が重要だ。冬の乾燥対策でさまざまな不安を撃退しよう。