大学生を殴り銃撃デリで口論の末 <クイーンズ>

NYPDは先月29日、クイーンズ区ジャマイカのデリで大学生の顔を殴り、店の外で腹部を銃撃して重傷を負わせたとされる容疑者の男を逮捕したと発表した。同日付NBCニューヨークが伝えた。

監視カメラの映像によると、ジェフリー・サーストン容疑者は、スプリングフィールドブルバードに面したデリの店内で被害者と口論を始め、その後、被害者の顔を殴った。

店の外に逃げた容疑者を被害者が追い掛け、歩道で乱闘となった直後、容疑者が銃を取り出して被害者を撃ったとされる。

NYPDによると、被害者はニューヨーク州立大学バッファロー校の学生で、フットボールチームのスター選手。同局は同日、「容疑者の身柄を拘束した」とツイートした。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。