大学生を殴り銃撃デリで口論の末 <クイーンズ>

NYPDは先月29日、クイーンズ区ジャマイカのデリで大学生の顔を殴り、店の外で腹部を銃撃して重傷を負わせたとされる容疑者の男を逮捕したと発表した。同日付NBCニューヨークが伝えた。

監視カメラの映像によると、ジェフリー・サーストン容疑者は、スプリングフィールドブルバードに面したデリの店内で被害者と口論を始め、その後、被害者の顔を殴った。

店の外に逃げた容疑者を被害者が追い掛け、歩道で乱闘となった直後、容疑者が銃を取り出して被害者を撃ったとされる。

NYPDによると、被害者はニューヨーク州立大学バッファロー校の学生で、フットボールチームのスター選手。同局は同日、「容疑者の身柄を拘束した」とツイートした。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1083

大人がたしなむゲーム

室内で過ごす時間が多いであろう、ストレスフルなこの冬は、非日常に没頭できるデジタルゲームを楽しもう。今号は普段ゲームをしない人でもトライしやすい、お手軽な作品を紹介。

Vol. 1082

ニューヨークで故郷の味

一時帰国できなくても、ニューヨークにはおいしい日本食がある! 今号では、沖縄・北海道・福岡・大阪の郷土料理を提供するレストランを紹介。

Vol. 1081

コロナウイルスニューヨーク・2020年秋冬版

まだまだ忍耐の日々は続きそうだ。現在進行形で感染者数が激増しているが、検査の実態は? 日本へ帰国するとどうなる? ジャピオンと情報を整理しよう。

Vol. 1080

進むキャッシュレス化

新型コロナウイルスの影響で、ますますキャッシュレス化が加速している。コロナ禍での変化や便利なツールなどを、専門家たちに聞いてみた。