高架下に落下物歩行者1人が負傷 <ブルックリン>

ブルックリン区サイプレスヒルズ地区の地下鉄の高架区間で2日正午前、歩行者を線路の破片から保護するために設置されていたネットが落下し、歩行者1人が負傷した。同日付PIX11が伝えた。

ネットが落下したのは、アラバマアベニューとフルトンストリートのJ・Zラインの高架部。事故当時、修理作業が行われていたといい、負傷者は病院に搬送された。

MTAは、「許しがたい事態であり、事故について調査中」と語り、「再発防止のための措置を徹底的に検討している」と述べた。

2019年、地下鉄の高架区間で歩行者数人が金属片の落下により負傷する事故が発生したため、MTAは数百万ドルをかけて、落下物から歩行者を守るためのネットの設置を計画した。

ニューヨーク市交通局のアンディ・バイフォード局長は、「高架区間の線路は、変化の激しい天候にさらされて老朽化が早まっている」と指摘し、「線路の構造についての精力的な調査を続けていく」と述べた。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1082

ニューヨークで故郷の味

一時帰国できなくても、ニューヨークにはおいしい日本食がある! 今号では、沖縄・北海道・福岡・大阪の郷土料理を提供するレストランを紹介。

Vol. 1081

コロナウイルスニューヨーク・2020年秋冬版

まだまだ忍耐の日々は続きそうだ。現在進行形で感染者数が激増しているが、検査の実態は? 日本へ帰国するとどうなる? ジャピオンと情報を整理しよう。

Vol. 1080

進むキャッシュレス化

新型コロナウイルスの影響で、ますますキャッシュレス化が加速している。コロナ禍での変化や便利なツールなどを、専門家たちに聞いてみた。

Vol. 1079

食欲の秋

ステーキが食べたい

おいしいものをたらふく食べたい季節ということで、今号ではステーキを大特集! サンクスギビング、クリスマスシーズンを前に、お家でおいしくステーキを焼くテクニックや、おいしいステーキが味わえるスポットを知っておくべし!