学校再開の対処計画発表 市がコロナテスト要求 <マンハッタン>

ニューヨーク市は9月からの学校再開に向けて、新型コロナウイルス感染者が出た場合の対処計画を発表した。先月30日付CBSニューヨークが伝えた。

生徒は週2〜3日登校し、その他の日はオンライン授業を受け、職員は学校再開前に検査の受診が義務付けられる。

感染者1人が発生した学級はオンライン授業に移行し、生徒と職員は14日間自宅待機。

複数学級で感染者が少なくとも2人以上出た場合は全校を閉鎖し、感染経路の追跡調査が行われる間、全校生徒がオンライン授業に移行。複数感染者間の感染経路が判明しない場合は、14日間の全校閉鎖となり、その間はオンライン授業が行われるという。

ニューヨーク州教員連盟はこの計画について、「あいまいで混乱を招く」と批判。学校閉鎖の際の行動計画、自宅待機、感染経路の追跡順、学校再開条件などを明確にするよう求めた。

アンドリュー・クオモ州知事は1日、「学校再開計画の提出期限は先月31日だったが、700ある学区のうち約50の地区が提出していない」と述べた。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1082

ニューヨークで故郷の味

一時帰国できなくても、ニューヨークにはおいしい日本食がある! 今号では、沖縄・北海道・福岡・大阪の郷土料理を提供するレストランを紹介。

Vol. 1081

コロナウイルスニューヨーク・2020年秋冬版

まだまだ忍耐の日々は続きそうだ。現在進行形で感染者数が激増しているが、検査の実態は? 日本へ帰国するとどうなる? ジャピオンと情報を整理しよう。

Vol. 1080

進むキャッシュレス化

新型コロナウイルスの影響で、ますますキャッシュレス化が加速している。コロナ禍での変化や便利なツールなどを、専門家たちに聞いてみた。

Vol. 1079

食欲の秋

ステーキが食べたい

おいしいものをたらふく食べたい季節ということで、今号ではステーキを大特集! サンクスギビング、クリスマスシーズンを前に、お家でおいしくステーキを焼くテクニックや、おいしいステーキが味わえるスポットを知っておくべし!