学校再開の対処計画発表 市がコロナテスト要求 <マンハッタン>

ニューヨーク市は9月からの学校再開に向けて、新型コロナウイルス感染者が出た場合の対処計画を発表した。先月30日付CBSニューヨークが伝えた。

生徒は週2〜3日登校し、その他の日はオンライン授業を受け、職員は学校再開前に検査の受診が義務付けられる。

感染者1人が発生した学級はオンライン授業に移行し、生徒と職員は14日間自宅待機。

複数学級で感染者が少なくとも2人以上出た場合は全校を閉鎖し、感染経路の追跡調査が行われる間、全校生徒がオンライン授業に移行。複数感染者間の感染経路が判明しない場合は、14日間の全校閉鎖となり、その間はオンライン授業が行われるという。

ニューヨーク州教員連盟はこの計画について、「あいまいで混乱を招く」と批判。学校閉鎖の際の行動計画、自宅待機、感染経路の追跡順、学校再開条件などを明確にするよう求めた。

アンドリュー・クオモ州知事は1日、「学校再開計画の提出期限は先月31日だったが、700ある学区のうち約50の地区が提出していない」と述べた。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1152

ニューヨークで学ぶ! 楽しむ! 子供の習い事 最新情報

新しい生活がスタートする5月。この時期に子供に習い事をさせたいと考える親も多い。子供向けの習い事教室の傾向や日米の違い、選ぶときの注意点やポイントなどについて、教育コンサルタントの船津徹さんに話を聞いた。

Vol. 1151

日本の手仕事

来る14日に開催されるジャパンパレードにちなみ、今号は日本の手仕事を特集する。日本の工芸やデザインをニューヨークに紹介してきた第一人者や、当地で活動する工芸作家、日本の無名作家を発掘する若きギャラリーオーナーに話を聞いた。

Vol. 1150

ニューヨーク、フードトラック最前線!

屋外でランチを楽しめる季節になってきた    ニューヨーク。テイクアウト需要が高まり、ますます進化を遂げているのがフードトラックだ。今号ではパンデミックの影響や近年のトレンドについて解説し、ニューヨークで楽しめるおすすめ のフードトラックを紹介する。

Vol. 1149

ニューヨークで犬猫と過ごす快適ライフ

マンハッタンを歩けば道やカフェ、ショップなどでもたくさんの犬を見掛けるほど、ニューヨークはドッグフレンドリーな街。最近ではさまざまなサービスやグッズ、ペットフードも充実し、家族の一員として迎えやすくなっている。最近のペット市場を覗いてみよう。