自転車で大陸横断 医療従事者が帰還 <スタテンアイランド>

新型コロナウイルスに対処する医療従事者が15日、3500マイルの自転車の旅を終えてスタテンアイランドの海岸に到着した。16日付NBCニューヨークが伝えた。

ブロンクス区の病院でコロナ治療班にボランティアとして加わり、8週間休みなしに医師の助手を務めた、バッファロー出身のテレサ・メラスさんは、「心身共に疲弊した自分の活力を取り戻す必要があった」と話し、オレゴン州ポートランドへの片道切符を購入。到着の翌日、クレイグリストで手に入れた自転車に乗り、東海岸を目指した。

旅を終えたメラスさんは「いまは試練の時ですが、私たちの国は強く、皆の協力があります」と話した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1093

暮らしのトラブルに強くなる!

水道詰まり、ネズミ被害、家賃交渉——他の人が経験しているあれこれ、自分に降りかかった時のことは考えてる? 今号は、住居にまつわる意外と忘れがちな自衛対策を紹介。

Vol. 1092

寒い冬だからこそあったかスープで芯まで温まりたい!

寒さの厳しいニューヨークの冬には温かいスープを! 外食規制のある現在、家で作れるスープレシピをマスターするも良し。オススメのスープのテークアウトもよし。寒い冬を乗り切ろう!

Vol. 1091

創作の世界「縫う、編む、織る人々」

刺しゅう、手芸、編み物、キルト、洋裁、和裁……。布と糸を使った創作は幅広いが、今号は、オーダーメードで制作するアーティストや教室で教える講師の「縫う、編む、織る」作品にフォーカス。オリジナル作品をオーダーしたり、自宅で実際に作ってみたりしながら、創作の世界を感じてみよう。

Vol. 1090

新規オープン店に見るNYC

「コロナ禍の今こそあえて」、あるいは「元々のオープン予定がずれて」などの理由で、2020年秋冬にニューヨークで新たにビジネスを始めたオーナーたち。オープンから数カ月経った今、その率直な現状を聞いてみた。