METが再開予定を発表 8月末から週5日営業 <マンハッタン>

マンハッタン区のメトロポリタン美術館は15日、3月13日以来の休館を終了し、8月29日(金)から営業を再開すると発表した。同日付NBCニューヨークが伝えた。

関係者によると、同美術館は、頻繁な清掃などの安全手順を設け、訪問者数を収容人数の25%に制限して、木曜日から月曜日まで開館。訪問者にはマスクなどフェースカバーの装着や社会的距離を取ることが義務付けられる。

関連施設に関しては、アッパーマンハッタンにあるメッツ・クロイスターズ美術館は、開館時期が後日発表される予定。

ただし、16年に同美術館の一部となった、マディソンアベニューのメット・ブロイヤーは再開されない。これは、フリック・コレクションがある5アベニューのフリック邸宅の改修に伴い、同所の作品を一時的にメット・ブロイヤーに保管しているため。

150年の歴史を持つ同美術館の再開姿勢は、市民生活を通常に戻すための市や州当局の慎重さを示している。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1152

ニューヨークで学ぶ! 楽しむ! 子供の習い事 最新情報

新しい生活がスタートする5月。この時期に子供に習い事をさせたいと考える親も多い。子供向けの習い事教室の傾向や日米の違い、選ぶときの注意点やポイントなどについて、教育コンサルタントの船津徹さんに話を聞いた。

Vol. 1151

日本の手仕事

来る14日に開催されるジャパンパレードにちなみ、今号は日本の手仕事を特集する。日本の工芸やデザインをニューヨークに紹介してきた第一人者や、当地で活動する工芸作家、日本の無名作家を発掘する若きギャラリーオーナーに話を聞いた。

Vol. 1150

ニューヨーク、フードトラック最前線!

屋外でランチを楽しめる季節になってきた    ニューヨーク。テイクアウト需要が高まり、ますます進化を遂げているのがフードトラックだ。今号ではパンデミックの影響や近年のトレンドについて解説し、ニューヨークで楽しめるおすすめ のフードトラックを紹介する。

Vol. 1149

ニューヨークで犬猫と過ごす快適ライフ

マンハッタンを歩けば道やカフェ、ショップなどでもたくさんの犬を見掛けるほど、ニューヨークはドッグフレンドリーな街。最近ではさまざまなサービスやグッズ、ペットフードも充実し、家族の一員として迎えやすくなっている。最近のペット市場を覗いてみよう。