経営者5人を逮捕 感染対策で複数違反 <コネティカット>

コネティカット州ダンベリー市で、社会的距離やマスクの着用を守らないなど、コロナウイルス対策に繰り返し違反したレストラン経営者5人が逮捕、起訴された。17日付NBCニューヨークが伝えた。

同市のマーク・ボートン市長によると、5人が経営するレストランでは、テーブル間の6フィートの距離や混雑した店内で顧客が踊るなど、同州の安全ガイドラインに準拠していなかった。ある店には店内におよそ100人が集まっていたという。

経営者が逮捕された店舗は「ラ・カンチータ」、「レッド・ハウス」、「ファジータ・アンド・マルガリータ」の4件いずれもメインストリート周辺に位置している。

「ラ・カンチータ」には顧客に向け、社会的距離を守り、マスクを着用するように促す標識があるが、明らかに守られていなかった。また、レストランはコロナウイルスの検査場が設けられた駐車場に屋外ダイニングを設置していた。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。