警察改革法案に署名 首を圧迫する行為禁止に <マンハッタン>

ニューヨーク市のビル・デブラシオ市長は15日午後、NYPDの警官が容疑者の首を圧迫して拘束する「チョークホールド」の使用を禁止する法律を含む、一連の警察改革法案に署名した。同日付amニューヨークが伝えた。

市議会は先月、広範におよぶ警察改革法案を可決したが、「犯罪件数が急増する中での改革法案は警察力を弱体化させる」と主張する警察の反発を受け、同市長は法案への署名を拒否していた。

先月の銃による市内全域での犯罪件数は、昨年の89件から250件へと130%増加。15日朝の記者会見で同市長は、同日中に一連の警察改革法案に署名すると述べていた。

六つの法案の署名に先んじて同市長は、ブロンクス裁判所の前で、BLMの文字の一部を道路に描いた。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1082

ニューヨークで故郷の味

一時帰国できなくても、ニューヨークにはおいしい日本食がある! 今号では、沖縄・北海道・福岡・大阪の郷土料理を提供するレストランを紹介。

Vol. 1081

コロナウイルスニューヨーク・2020年秋冬版

まだまだ忍耐の日々は続きそうだ。現在進行形で感染者数が激増しているが、検査の実態は? 日本へ帰国するとどうなる? ジャピオンと情報を整理しよう。

Vol. 1080

進むキャッシュレス化

新型コロナウイルスの影響で、ますますキャッシュレス化が加速している。コロナ禍での変化や便利なツールなどを、専門家たちに聞いてみた。

Vol. 1079

食欲の秋

ステーキが食べたい

おいしいものをたらふく食べたい季節ということで、今号ではステーキを大特集! サンクスギビング、クリスマスシーズンを前に、お家でおいしくステーキを焼くテクニックや、おいしいステーキが味わえるスポットを知っておくべし!