連邦判事の息子を銃撃 容疑者は自殺した弁護士か <ニュージャージー>

ニュージャージー州ミドルセックス郡ノース・ブランズウィックで19日、連邦判事の家族が自宅で銃撃され、判事の息子が死亡し、夫が負傷する事件が発生した。20日付PIX11が伝えた。

銃撃を受けたのは、同州連邦地方裁判所のエスター・サラス判事の息子ダニエルさん(20)と、夫で弁護士のマーク・アンダールさん。ダニエルさんは死亡が確認され、アンダールさんも負傷した。サラス判事は地下室におり、負傷しなかったという。

捜査関係者の話によると、「銃撃犯人はフェデックスの配送員を装っていた」と話し、FBIは容疑者として、弁護士ロイデン・ホランダーを捜査。同州サリバン郡のルート17の車の中で、配送員のシャツを着た同容疑者の自殺遺体が発見された。銃撃の動機については発表されていない。

同判事が議長を務める予定の裁判には、児童売春で有罪となった故ジェフリー・エプスタイン被告ら「リスクの高い」人物の口座監視を巡った、ドイツ銀行に対する集団訴訟がある。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1153

マインドフルに生きよう!

心や体を落ち着かせる効果があるとされるマインドフルネス。慌ただしく不安が尽きない日々の中で、生活に取り入れてみると少しは気持ちが楽になるかもしれない。すでに実践している人も未体験の人も、今号を読んでマインドフルネスについての理解を深めよう!

Vol. 1152

ニューヨークで学ぶ! 楽しむ! 子供の習い事 最新情報

新しい生活がスタートする5月。この時期に子供に習い事をさせたいと考える親も多い。子供向けの習い事教室の傾向や日米の違い、選ぶときの注意点やポイントなどについて、教育コンサルタントの船津徹さんに話を聞いた。

Vol. 1151

日本の手仕事

来る14日に開催されるジャパンパレードにちなみ、今号は日本の手仕事を特集する。日本の工芸やデザインをニューヨークに紹介してきた第一人者や、当地で活動する工芸作家、日本の無名作家を発掘する若きギャラリーオーナーに話を聞いた。

Vol. 1150

ニューヨーク、フードトラック最前線!

屋外でランチを楽しめる季節になってきた    ニューヨーク。テイクアウト需要が高まり、ますます進化を遂げているのがフードトラックだ。今号ではパンデミックの影響や近年のトレンドについて解説し、ニューヨークで楽しめるおすすめ のフードトラックを紹介する。