大手食品会社ボイコット 政治家、有名人が呼び掛け <ニュージャージー>

1936年にマンハッタン区で創業。70年代に本社をニュージャージー州ジャージーシティーに移転した米国最大とされるヒスパニック系食品会社「ゴヤ」の最高経営責任者が9日、ホワイトハウスのイベントでトランプ大統領を称賛したことを受け、政治家や有名人が、同社製品の不買運動を呼び掛けている。10日付FOX5ニューヨークが伝えた。

9日、大統領はヒスパニック系のビジネスリーダーを招いて会合を行い、ヒスパニック系米国人の教育や経済機会の改善を目的とした大統領令に署名。会合に招かれた同社のロバート・ウナヌー最高経営責任者は、「われわれはトランプ大統領のような指導者を同時代に持てて、本当に恵まれている」と称賛。これを受け、SNSには「#ボイコットゴヤ」などのハッシュタグがトレンド入りした。

フリアン・カストロ元住宅都市開発長官やニューヨーク州選出のアレクサンドリア・オカシオ・コルテス下院議員、ミュージカル俳優のハビエル・ムニョスらもボイコットに賛同した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1082

ニューヨークで故郷の味

一時帰国できなくても、ニューヨークにはおいしい日本食がある! 今号では、沖縄・北海道・福岡・大阪の郷土料理を提供するレストランを紹介。

Vol. 1081

コロナウイルスニューヨーク・2020年秋冬版

まだまだ忍耐の日々は続きそうだ。現在進行形で感染者数が激増しているが、検査の実態は? 日本へ帰国するとどうなる? ジャピオンと情報を整理しよう。

Vol. 1080

進むキャッシュレス化

新型コロナウイルスの影響で、ますますキャッシュレス化が加速している。コロナ禍での変化や便利なツールなどを、専門家たちに聞いてみた。

Vol. 1079

食欲の秋

ステーキが食べたい

おいしいものをたらふく食べたい季節ということで、今号ではステーキを大特集! サンクスギビング、クリスマスシーズンを前に、お家でおいしくステーキを焼くテクニックや、おいしいステーキが味わえるスポットを知っておくべし!