ペットの里親探し コロナで飼い主亡くなる <マンハッタン>

新型コロナウイルス感染症による死者数は全米で13万人を超えており、急に飼い主を亡くしたペットも多数いる。これを受けて、ニューヨーク州やニュージャージー州では、飼い主を亡くしたペットの里親を探す取り組みが行われている。9日付FOX5ニューヨークが伝えた。

ニュージャージー州テナフライの動物愛護団体「ペット・レスキュー」は、飼い主が新型コロナで死亡し、誰も引き取らなかった犬5匹を保護し、里親を探している。

一方、マンハッタン区、ブルックリン区、スタテンアイランドの3カ所に位置する「アニマル・ケア・センター」は、市の災害時ペット救助のため、委員会と協力して、これまでに新型コロナ陽性が疑われる人々の家庭から約80匹の動物を保護してきた。

4月には、新型コロナの影響で健康上または経済的な理由でペットの世話が困難になった人のために、ホットラインを設置。飼い主が回復する見込みだが、時間を要する場合は、ペットは市内全域の施設に預けられる。飼い主が死亡し、親族が引き取らない場合は、同センターが預かり里親を探しているという。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1103

奥深い中国茶の世界

今ひそかにブームとなっている中国茶。お茶の発祥の地、中国で生まれた奥深い中国茶を知って、さまざまな香りや味、飲み方を楽しめる魅惑的なお茶の世界を旅してみよう。

Vol. 1102

本格的に春が到来 NY近郊の桜スポット!

長い冬が終わり、心も軽やか。街の至るところで見頃を迎えている桜はもちろん、市内やニューヨーク州近郊の春の花々が楽しめるスポットを紹介する。

Vol. 1101

一味違う! アカデミー賞
今月25日に開催される、「第93回 アカデミー賞授賞式」。新型コロナウイルスの影響で、同授賞式も例年と異なる形で開催される予定だ。俳優のスピーチや衣装など、何かと話題になる同授賞式の見どころを、徹底紹介していく。

Vol. 1100

今こそ学ぶ 日本人と米国の歴史

世界中から移民が集まる米国は日本と異なり、まだまだ歴史が浅い若い国だ。日本の先駆者たちが海をわたり、文化や社会の違いを学び、日本の発展に貢献した。しかし私たちは、その歴史をほとんど知らないまま米国に住んでいる。今号では、そういった歴史の一部を紹介していく。