ペットの里親探し コロナで飼い主亡くなる <マンハッタン>

新型コロナウイルス感染症による死者数は全米で13万人を超えており、急に飼い主を亡くしたペットも多数いる。これを受けて、ニューヨーク州やニュージャージー州では、飼い主を亡くしたペットの里親を探す取り組みが行われている。9日付FOX5ニューヨークが伝えた。

ニュージャージー州テナフライの動物愛護団体「ペット・レスキュー」は、飼い主が新型コロナで死亡し、誰も引き取らなかった犬5匹を保護し、里親を探している。

一方、マンハッタン区、ブルックリン区、スタテンアイランドの3カ所に位置する「アニマル・ケア・センター」は、市の災害時ペット救助のため、委員会と協力して、これまでに新型コロナ陽性が疑われる人々の家庭から約80匹の動物を保護してきた。

4月には、新型コロナの影響で健康上または経済的な理由でペットの世話が困難になった人のために、ホットラインを設置。飼い主が回復する見込みだが、時間を要する場合は、ペットは市内全域の施設に預けられる。飼い主が死亡し、親族が引き取らない場合は、同センターが預かり里親を探しているという。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1153

マインドフルに生きよう!

心や体を落ち着かせる効果があるとされるマインドフルネス。慌ただしく不安が尽きない日々の中で、生活に取り入れてみると少しは気持ちが楽になるかもしれない。すでに実践している人も未体験の人も、今号を読んでマインドフルネスについての理解を深めよう!

Vol. 1152

ニューヨークで学ぶ! 楽しむ! 子供の習い事 最新情報

新しい生活がスタートする5月。この時期に子供に習い事をさせたいと考える親も多い。子供向けの習い事教室の傾向や日米の違い、選ぶときの注意点やポイントなどについて、教育コンサルタントの船津徹さんに話を聞いた。

Vol. 1151

日本の手仕事

来る14日に開催されるジャパンパレードにちなみ、今号は日本の手仕事を特集する。日本の工芸やデザインをニューヨークに紹介してきた第一人者や、当地で活動する工芸作家、日本の無名作家を発掘する若きギャラリーオーナーに話を聞いた。

Vol. 1150

ニューヨーク、フードトラック最前線!

屋外でランチを楽しめる季節になってきた    ニューヨーク。テイクアウト需要が高まり、ますます進化を遂げているのがフードトラックだ。今号ではパンデミックの影響や近年のトレンドについて解説し、ニューヨークで楽しめるおすすめ のフードトラックを紹介する。