ペットの里親探し コロナで飼い主亡くなる <マンハッタン>

新型コロナウイルス感染症による死者数は全米で13万人を超えており、急に飼い主を亡くしたペットも多数いる。これを受けて、ニューヨーク州やニュージャージー州では、飼い主を亡くしたペットの里親を探す取り組みが行われている。9日付FOX5ニューヨークが伝えた。

ニュージャージー州テナフライの動物愛護団体「ペット・レスキュー」は、飼い主が新型コロナで死亡し、誰も引き取らなかった犬5匹を保護し、里親を探している。

一方、マンハッタン区、ブルックリン区、スタテンアイランドの3カ所に位置する「アニマル・ケア・センター」は、市の災害時ペット救助のため、委員会と協力して、これまでに新型コロナ陽性が疑われる人々の家庭から約80匹の動物を保護してきた。

4月には、新型コロナの影響で健康上または経済的な理由でペットの世話が困難になった人のために、ホットラインを設置。飼い主が回復する見込みだが、時間を要する場合は、ペットは市内全域の施設に預けられる。飼い主が死亡し、親族が引き取らない場合は、同センターが預かり里親を探しているという。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1093

暮らしのトラブルに強くなる!

水道詰まり、ネズミ被害、家賃交渉——他の人が経験しているあれこれ、自分に降りかかった時のことは考えてる? 今号は、住居にまつわる意外と忘れがちな自衛対策を紹介。

Vol. 1092

寒い冬だからこそあったかスープで芯まで温まりたい!

寒さの厳しいニューヨークの冬には温かいスープを! 外食規制のある現在、家で作れるスープレシピをマスターするも良し。オススメのスープのテークアウトもよし。寒い冬を乗り切ろう!

Vol. 1091

創作の世界「縫う、編む、織る人々」

刺しゅう、手芸、編み物、キルト、洋裁、和裁……。布と糸を使った創作は幅広いが、今号は、オーダーメードで制作するアーティストや教室で教える講師の「縫う、編む、織る」作品にフォーカス。オリジナル作品をオーダーしたり、自宅で実際に作ってみたりしながら、創作の世界を感じてみよう。

Vol. 1090

新規オープン店に見るNYC

「コロナ禍の今こそあえて」、あるいは「元々のオープン予定がずれて」などの理由で、2020年秋冬にニューヨークで新たにビジネスを始めたオーナーたち。オープンから数カ月経った今、その率直な現状を聞いてみた。