米老舗ブルックス・ブラザーズ破産申請 コロナ影響で破たん <マンハッタン>

マンハッタン区ミッドタウンを本拠とする老舗ファッションブランド「ブルックスブラザーズ」は8日、破産申請した。業績の伸び悩みに加え、新型コロナウイルス感染拡大を受けた店舗休業のため、経営破たんした。同日付amニューヨークが伝えた。

同ブランドは1818年にニューヨーク市で創業し、ミッドタウンのマジソン・アベニューにある旗艦店は1915年以来、同じ場所で営業。オバマ前大統領など、40人の歴代米大統領に着用され、世界中に約500店舗を展開。トラッドなスタイルのスーツなどで人気を集めたが、米国企業で服装のカジュアル化が進んだため、近年は経営難に陥っていた。破産申請に伴い、経営再建に向けて、7500万ドルのつなぎ融資を確保したという。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、歴史のある米国の店舗やブランドの破産が相次いでいる

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1083

大人がたしなむゲーム

室内で過ごす時間が多いであろう、ストレスフルなこの冬は、非日常に没頭できるデジタルゲームを楽しもう。今号は普段ゲームをしない人でもトライしやすい、お手軽な作品を紹介。

Vol. 1082

ニューヨークで故郷の味

一時帰国できなくても、ニューヨークにはおいしい日本食がある! 今号では、沖縄・北海道・福岡・大阪の郷土料理を提供するレストランを紹介。

Vol. 1081

コロナウイルスニューヨーク・2020年秋冬版

まだまだ忍耐の日々は続きそうだ。現在進行形で感染者数が激増しているが、検査の実態は? 日本へ帰国するとどうなる? ジャピオンと情報を整理しよう。

Vol. 1080

進むキャッシュレス化

新型コロナウイルスの影響で、ますますキャッシュレス化が加速している。コロナ禍での変化や便利なツールなどを、専門家たちに聞いてみた。