20戸の住宅に浸水 暴風雨の影響で被害 <ブルックリン>

ブルックリン区カナージー地区で11日、暴風雨の影響により、約20戸の住宅地下が下水で浸水した。12日付NBCニューヨークが伝えた。

市環境保護当局は、熱帯性低気圧「フェイ」による暴風雨の最中に、下水道システムに流れ込んだとみられるごみで下水管が詰まり、浸水が起きたと発表した。下水管の詰まりを解消するため、高圧で放水したが効果がなく、特別な機器を使用して、翌12日までに解消した。

浸水による被害を受けた住民は、清掃作業に追われた。被害を受けた住民の1人、トレボン・ハムレットさんは、家具や冷蔵庫、卒業記念アルバムや大学の卒業証書などの思い出の品に至るまで多くの物が損傷し、修復不可能となったと語った。

市環境保護当局は13日朝、被害を受けた住宅を回り、市に提出する被害届の作成を手伝った。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1114

楽しい夏こそ紫外線対策!

太陽が燦々と照りつける毎日、外で楽しく遊べる季節だからこそ、きちんとした知識を持って、紫外線対策をしたいところ。紫外線に当たることで起こるさまざまな弊害も今号できちんと把握しておこう!

Vol. 1113

ちょっとそこまで  魅惑のシティーアイランド

ブロンクスにあるシティーアイランドは、シーフードやマリンスポーツをはじめ、のんびり散歩も楽しめるという魅力的な海辺の街。知る人ぞ知るリゾート地なだけに、訪れたことがないという人も多いかもしれない。そんなシティーアイランドの見所をたっぷりご紹介!

Vol. 1112

この夏は野球アツい!

野球大国であるアメリカ。シーズン真っ最中のMLBの観戦はもちろん、ここニューヨークでは日本人チームによる草野球も盛り上がっているようだ。そんな幅広い野球の魅力を今こそ語り合おう!

Vol. 1111

いよいよ経済再開! ニューヨーク復活へ

6月24日、ついにニューヨーク州の非常事態宣言が解除された。新型コロナウイルスのあらゆる制限が解除となり、約1年3カ月ぶりに本格的に経済再開を果たしたニューヨーク。街は復活に向け着々と進んでいる。