高速で自動車事故 3人の10代男女が死亡 <ブルックリン>

11日夜、ブルックリン区南東部にある、歴史登録財フロイド・ベネット・フィールドを高速で走行していた自動車2台が衝突して大破し、10代の男女3人が死亡し、もう一人の少年が重体となる事故が起きた。12日付amニューヨークが伝えた。

死亡したのは、11歳と16歳の少年と18歳の少女で、17歳の少年が重体で入院中。全員が同区マディソンの高校に通っていた。

同施設は、ニューヨーク市初の市営空港だった場所。現在でも滑走路が残されており、車両が通行できるため、ドラッグレースと呼ばれる高速のスピード競争を行う人々が後を絶たない。2月には、非番の警官が高速で運転していた車が、海に突っ込む事故が起きた。

NYPDの衝突調査班と連邦警察は、若者たちがドラッグレース、または高速走行しながら悪ふざけを行なっていたかどうかを調査している。

同施設は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて2カ月間閉園していたが、最近、一般への公開を再開したばかりだった。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1094

音は続くよ、どこまでも

音を楽しむと書いて「音楽」と読むがまさに今、長く続くコロナ禍で音楽が心の支えとなっている人も、多いのではないだろうか。  今号では、コロナに負けず活動を続けるミュージシャンたちを一部だが紹介していく。オンラインはもちろん、直接鑑賞できる機会も紹介。聞いて感じて、あなただけの癒やしの音を手に入れよう!

Vol. 1093

暮らしのトラブルに強くなる!

水道詰まり、ネズミ被害、家賃交渉——他の人が経験しているあれこれ、自分に降りかかった時のことは考えてる? 今号は、住居にまつわる意外と忘れがちな自衛対策を紹介。

Vol. 1092

寒い冬だからこそあったかスープで芯まで温まりたい!

寒さの厳しいニューヨークの冬には温かいスープを! 外食規制のある現在、家で作れるスープレシピをマスターするも良し。オススメのスープのテークアウトもよし。寒い冬を乗り切ろう!

Vol. 1091

創作の世界「縫う、編む、織る人々」

刺しゅう、手芸、編み物、キルト、洋裁、和裁……。布と糸を使った創作は幅広いが、今号は、オーダーメードで制作するアーティストや教室で教える講師の「縫う、編む、織る」作品にフォーカス。オリジナル作品をオーダーしたり、自宅で実際に作ってみたりしながら、創作の世界を感じてみよう。