「BLM」計画、市長も参加 トランプタワー前に完成 <マンハッタン>

ニューヨーク市のビル・デブラシオ市長は9日、ミッドタウンのトランプタワー前にブラック・ライブズ・マターの黄色い文字を道路に描く計画を進めると発表した。同日付パッチが伝えた。

同市長は正午ごろにマンハッタン区の5アベニューに到着し、塗装作業のキックオフを行った。同市長はまた、トランプ大統領の名を冠したミッドタウンの高層ビルの前に文字を描くのは、市内全域にブラック・ライブズ・マターの文字を設置する先駆けになるとし、個人的に計画を進めたと話す。

一方、ドナルド・トランプ大統領はツイッターで同市の計画を非難し、ブラック・ライブズ・マターの文字を「憎悪の象徴」に例えた。

ハーレム地域への設置も追加し、道路の文字設置は7カ所に増加している。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1103

奥深い中国茶の世界

今ひそかにブームとなっている中国茶。お茶の発祥の地、中国で生まれた奥深い中国茶を知って、さまざまな香りや味、飲み方を楽しめる魅惑的なお茶の世界を旅してみよう。

Vol. 1102

本格的に春が到来 NY近郊の桜スポット!

長い冬が終わり、心も軽やか。街の至るところで見頃を迎えている桜はもちろん、市内やニューヨーク州近郊の春の花々が楽しめるスポットを紹介する。

Vol. 1101

一味違う! アカデミー賞
今月25日に開催される、「第93回 アカデミー賞授賞式」。新型コロナウイルスの影響で、同授賞式も例年と異なる形で開催される予定だ。俳優のスピーチや衣装など、何かと話題になる同授賞式の見どころを、徹底紹介していく。

Vol. 1100

今こそ学ぶ 日本人と米国の歴史

世界中から移民が集まる米国は日本と異なり、まだまだ歴史が浅い若い国だ。日本の先駆者たちが海をわたり、文化や社会の違いを学び、日本の発展に貢献した。しかし私たちは、その歴史をほとんど知らないまま米国に住んでいる。今号では、そういった歴史の一部を紹介していく。