「BLM」計画、市長も参加 トランプタワー前に完成 <マンハッタン>

ニューヨーク市のビル・デブラシオ市長は9日、ミッドタウンのトランプタワー前にブラック・ライブズ・マターの黄色い文字を道路に描く計画を進めると発表した。同日付パッチが伝えた。

同市長は正午ごろにマンハッタン区の5アベニューに到着し、塗装作業のキックオフを行った。同市長はまた、トランプ大統領の名を冠したミッドタウンの高層ビルの前に文字を描くのは、市内全域にブラック・ライブズ・マターの文字を設置する先駆けになるとし、個人的に計画を進めたと話す。

一方、ドナルド・トランプ大統領はツイッターで同市の計画を非難し、ブラック・ライブズ・マターの文字を「憎悪の象徴」に例えた。

ハーレム地域への設置も追加し、道路の文字設置は7カ所に増加している。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1093

暮らしのトラブルに強くなる!

水道詰まり、ネズミ被害、家賃交渉——他の人が経験しているあれこれ、自分に降りかかった時のことは考えてる? 今号は、住居にまつわる意外と忘れがちな自衛対策を紹介。

Vol. 1092

寒い冬だからこそあったかスープで芯まで温まりたい!

寒さの厳しいニューヨークの冬には温かいスープを! 外食規制のある現在、家で作れるスープレシピをマスターするも良し。オススメのスープのテークアウトもよし。寒い冬を乗り切ろう!

Vol. 1091

創作の世界「縫う、編む、織る人々」

刺しゅう、手芸、編み物、キルト、洋裁、和裁……。布と糸を使った創作は幅広いが、今号は、オーダーメードで制作するアーティストや教室で教える講師の「縫う、編む、織る」作品にフォーカス。オリジナル作品をオーダーしたり、自宅で実際に作ってみたりしながら、創作の世界を感じてみよう。

Vol. 1090

新規オープン店に見るNYC

「コロナ禍の今こそあえて」、あるいは「元々のオープン予定がずれて」などの理由で、2020年秋冬にニューヨークで新たにビジネスを始めたオーナーたち。オープンから数カ月経った今、その率直な現状を聞いてみた。