「BLM」計画、市長も参加 トランプタワー前に完成 <マンハッタン>

ニューヨーク市のビル・デブラシオ市長は9日、ミッドタウンのトランプタワー前にブラック・ライブズ・マターの黄色い文字を道路に描く計画を進めると発表した。同日付パッチが伝えた。

同市長は正午ごろにマンハッタン区の5アベニューに到着し、塗装作業のキックオフを行った。同市長はまた、トランプ大統領の名を冠したミッドタウンの高層ビルの前に文字を描くのは、市内全域にブラック・ライブズ・マターの文字を設置する先駆けになるとし、個人的に計画を進めたと話す。

一方、ドナルド・トランプ大統領はツイッターで同市の計画を非難し、ブラック・ライブズ・マターの文字を「憎悪の象徴」に例えた。

ハーレム地域への設置も追加し、道路の文字設置は7カ所に増加している。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1073

パンデミック明けのヘルスチェック

個々の努力が実り、パンデミックも鎮静化して来たニューヨーク。「まだまだ予断は許さない!」と警戒する人も多いが、そろそろコロナ以外の健康にも目を向けよう。ニューヨーク近辺にオフィスを構える医師5人に、「今、どんな健康被害が心配か」を聞いた。

Vol. 1072

今こそ、サステナブルな行動を!

今年1月、国連でSDGs(持続可能な開発目標)を達成するための「行動の10年」がスタート。温暖化の加速で地球が警鐘を鳴らし、自然環境を保持するサステナブル(持続可能)な暮らしが求められている。今こそ、できることから行動を起こそう!

Vol. 1071

新学期が始まる

新型コロナウイルスを意識しながらの登校再開か、遠隔授業か…今年は特に、子育てで悩む保護者も多いだろう。この秋学期を有意義にするには、どうすればいい? さまざまな立場の「教育者」に話を聞いた。

Vol.1070

ちまたで噂のCBDを有効活用

「CBD(シービーディー)」をご存知だろうか? 有効活用することでリラックス効果や安眠効果も得られるという、ナチュラル由来の成分。おうち時間も多い今、CBDを理解したうえでトライしてみては?