「BLM」計画、市長も参加 トランプタワー前に完成 <マンハッタン>

ニューヨーク市のビル・デブラシオ市長は9日、ミッドタウンのトランプタワー前にブラック・ライブズ・マターの黄色い文字を道路に描く計画を進めると発表した。同日付パッチが伝えた。

同市長は正午ごろにマンハッタン区の5アベニューに到着し、塗装作業のキックオフを行った。同市長はまた、トランプ大統領の名を冠したミッドタウンの高層ビルの前に文字を描くのは、市内全域にブラック・ライブズ・マターの文字を設置する先駆けになるとし、個人的に計画を進めたと話す。

一方、ドナルド・トランプ大統領はツイッターで同市の計画を非難し、ブラック・ライブズ・マターの文字を「憎悪の象徴」に例えた。

ハーレム地域への設置も追加し、道路の文字設置は7カ所に増加している。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1082

ニューヨークで故郷の味

一時帰国できなくても、ニューヨークにはおいしい日本食がある! 今号では、沖縄・北海道・福岡・大阪の郷土料理を提供するレストランを紹介。

Vol. 1081

コロナウイルスニューヨーク・2020年秋冬版

まだまだ忍耐の日々は続きそうだ。現在進行形で感染者数が激増しているが、検査の実態は? 日本へ帰国するとどうなる? ジャピオンと情報を整理しよう。

Vol. 1080

進むキャッシュレス化

新型コロナウイルスの影響で、ますますキャッシュレス化が加速している。コロナ禍での変化や便利なツールなどを、専門家たちに聞いてみた。

Vol. 1079

食欲の秋

ステーキが食べたい

おいしいものをたらふく食べたい季節ということで、今号ではステーキを大特集! サンクスギビング、クリスマスシーズンを前に、お家でおいしくステーキを焼くテクニックや、おいしいステーキが味わえるスポットを知っておくべし!