NYPD退職申請が急増 抗議運動や予算削減が影響か <マンハッタン>

NYPD副本部長の報道官は、退職を申請する警察官が「憂慮すべきほど」急増していると発表した。8日付CNNが伝えた。

先月29日から7月6日までに179人が退職を申請。昨年同時期の35人から411%の増加となった。ミネソタ州ミネアポリスでジョージ・フロイドさんが警察官による拘束中に死亡したことを受け、警察の行動に対する抗議運動や予算削減を求める声が全米で高まっている。

ニューヨーク市議会は先月末、来年度のNYPD予算から、約6分の1にあたる10億ドルを削減して、青少年や社会への福祉に充てると決定した。

ニューヨーク市警察労働組合(DEA)のポール・ディジャコモ委員長は、「警官の退職申請の増加は意外ではない。命をかけて市民の命を守りながら、非難され、士気をくじかれながら働きたいと思う警官はいない」「ニューヨーク市民は市内で暴力が続く中、最も経験豊かな警官を失うことになる」と述べ、市議会は間違った判断を行っているとして批判した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1153

マインドフルに生きよう!

心や体を落ち着かせる効果があるとされるマインドフルネス。慌ただしく不安が尽きない日々の中で、生活に取り入れてみると少しは気持ちが楽になるかもしれない。すでに実践している人も未体験の人も、今号を読んでマインドフルネスについての理解を深めよう!

Vol. 1152

ニューヨークで学ぶ! 楽しむ! 子供の習い事 最新情報

新しい生活がスタートする5月。この時期に子供に習い事をさせたいと考える親も多い。子供向けの習い事教室の傾向や日米の違い、選ぶときの注意点やポイントなどについて、教育コンサルタントの船津徹さんに話を聞いた。

Vol. 1151

日本の手仕事

来る14日に開催されるジャパンパレードにちなみ、今号は日本の手仕事を特集する。日本の工芸やデザインをニューヨークに紹介してきた第一人者や、当地で活動する工芸作家、日本の無名作家を発掘する若きギャラリーオーナーに話を聞いた。

Vol. 1150

ニューヨーク、フードトラック最前線!

屋外でランチを楽しめる季節になってきた    ニューヨーク。テイクアウト需要が高まり、ますます進化を遂げているのがフードトラックだ。今号ではパンデミックの影響や近年のトレンドについて解説し、ニューヨークで楽しめるおすすめ のフードトラックを紹介する。