ブロードウェー俳優死去 95日間のコロナ闘病の末 <マンハッタン>

新型コロナウイルスに感染し、合併症で右脚を切断したブロードウェーのスター俳優、ニック・コルデロさんが5日、95日間の闘病の末に死去した。41歳だった。妻のアマンダ・クルーツさんが、自身のSNSで「私の愛する夫が今朝、亡くなりました。家族の愛と歌と祈りに包まれ、静かにこの世を去りました」と、明らかにした。同日付NBCニューヨークが伝えた。

コルデロさんはカナダ出身で、2014年にはミュージカル「ブロードウェーと銃弾」に主演しトニー賞にノミネート。16年には人気ミュージカル「ウエイトレス」に出演するなど、活躍していた。

3月末に肺炎の疑いで入院したが、新型コロナウイルスに感染していることが判明。4月中旬には、合併症による血液凝固のため、右脚を切断していた。感染前には健康だったコルデロさんの肺は、感染後、「まるで50年間たばこを吸っていた人のような」重度のダメージを負っていたという。

夫妻には、1歳の息子、エルビス君が昨年誕生したばかりだった。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1130

今年は75周年のメモリアルイヤー! NBAを見に行こう!

レギュラーシーズン開幕から約1カ月。創設75周年を迎えたNBAは、今季ならではのイベントが盛りだくさんだ。今、話題のNBA系YouTuber、Rikuto AFさんとニコラス武さんの解説と共に、その魅力を紹介する。

Vol. 1129

NYC新市誕生! エリック・アダムス氏を解剖

2日に行われたニューヨーク市の市長選で民主党のエリック・アダムス氏が当選し、次期ニューヨーク市長に就任する。エリック・アダムス氏とはどんな人物なのか? そして今後のニューヨークはどう変わるのか?

Vol. 1128

ビザ最新情報 2021秋冬版

2023年度DV(移民多様化)抽選永住権の米国務省受付が、9日正午で終了した。今号では、H、E、L、Oビザなどの非移民ビザや永住権に関する最新情報を紹介する。

Vol. 1127

今年は何する? もうすぐサンクスギビングデー!

いよいよサンクスギビングデーがやってくる。今年は例年のパレードも復活し、感謝祭ディナーに大セールと楽しいイベントがめじろ押し。日本人にはなじみない文化とはいえ、せっかくアメリカに住んでいるのなら目いっぱい楽しまなきゃ損! 今号はそんなサンクスギビングを存分に満喫するための情報をお届けする。