ブロードウェー俳優死去 95日間のコロナ闘病の末 <マンハッタン>

新型コロナウイルスに感染し、合併症で右脚を切断したブロードウェーのスター俳優、ニック・コルデロさんが5日、95日間の闘病の末に死去した。41歳だった。妻のアマンダ・クルーツさんが、自身のSNSで「私の愛する夫が今朝、亡くなりました。家族の愛と歌と祈りに包まれ、静かにこの世を去りました」と、明らかにした。同日付NBCニューヨークが伝えた。

コルデロさんはカナダ出身で、2014年にはミュージカル「ブロードウェーと銃弾」に主演しトニー賞にノミネート。16年には人気ミュージカル「ウエイトレス」に出演するなど、活躍していた。

3月末に肺炎の疑いで入院したが、新型コロナウイルスに感染していることが判明。4月中旬には、合併症による血液凝固のため、右脚を切断していた。感染前には健康だったコルデロさんの肺は、感染後、「まるで50年間たばこを吸っていた人のような」重度のダメージを負っていたという。

夫妻には、1歳の息子、エルビス君が昨年誕生したばかりだった。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1114

楽しい夏こそ紫外線対策!

太陽が燦々と照りつける毎日、外で楽しく遊べる季節だからこそ、きちんとした知識を持って、紫外線対策をしたいところ。紫外線に当たることで起こるさまざまな弊害も今号できちんと把握しておこう!

Vol. 1113

ちょっとそこまで  魅惑のシティーアイランド

ブロンクスにあるシティーアイランドは、シーフードやマリンスポーツをはじめ、のんびり散歩も楽しめるという魅力的な海辺の街。知る人ぞ知るリゾート地なだけに、訪れたことがないという人も多いかもしれない。そんなシティーアイランドの見所をたっぷりご紹介!

Vol. 1112

この夏は野球アツい!

野球大国であるアメリカ。シーズン真っ最中のMLBの観戦はもちろん、ここニューヨークでは日本人チームによる草野球も盛り上がっているようだ。そんな幅広い野球の魅力を今こそ語り合おう!

Vol. 1111

いよいよ経済再開! ニューヨーク復活へ

6月24日、ついにニューヨーク州の非常事態宣言が解除された。新型コロナウイルスのあらゆる制限が解除となり、約1年3カ月ぶりに本格的に経済再開を果たしたニューヨーク。街は復活に向け着々と進んでいる。