ブロードウェー俳優死去 95日間のコロナ闘病の末 <マンハッタン>

新型コロナウイルスに感染し、合併症で右脚を切断したブロードウェーのスター俳優、ニック・コルデロさんが5日、95日間の闘病の末に死去した。41歳だった。妻のアマンダ・クルーツさんが、自身のSNSで「私の愛する夫が今朝、亡くなりました。家族の愛と歌と祈りに包まれ、静かにこの世を去りました」と、明らかにした。同日付NBCニューヨークが伝えた。

コルデロさんはカナダ出身で、2014年にはミュージカル「ブロードウェーと銃弾」に主演しトニー賞にノミネート。16年には人気ミュージカル「ウエイトレス」に出演するなど、活躍していた。

3月末に肺炎の疑いで入院したが、新型コロナウイルスに感染していることが判明。4月中旬には、合併症による血液凝固のため、右脚を切断していた。感染前には健康だったコルデロさんの肺は、感染後、「まるで50年間たばこを吸っていた人のような」重度のダメージを負っていたという。

夫妻には、1歳の息子、エルビス君が昨年誕生したばかりだった。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1103

奥深い中国茶の世界

今ひそかにブームとなっている中国茶。お茶の発祥の地、中国で生まれた奥深い中国茶を知って、さまざまな香りや味、飲み方を楽しめる魅惑的なお茶の世界を旅してみよう。

Vol. 1102

本格的に春が到来 NY近郊の桜スポット!

長い冬が終わり、心も軽やか。街の至るところで見頃を迎えている桜はもちろん、市内やニューヨーク州近郊の春の花々が楽しめるスポットを紹介する。

Vol. 1101

一味違う! アカデミー賞
今月25日に開催される、「第93回 アカデミー賞授賞式」。新型コロナウイルスの影響で、同授賞式も例年と異なる形で開催される予定だ。俳優のスピーチや衣装など、何かと話題になる同授賞式の見どころを、徹底紹介していく。

Vol. 1100

今こそ学ぶ 日本人と米国の歴史

世界中から移民が集まる米国は日本と異なり、まだまだ歴史が浅い若い国だ。日本の先駆者たちが海をわたり、文化や社会の違いを学び、日本の発展に貢献した。しかし私たちは、その歴史をほとんど知らないまま米国に住んでいる。今号では、そういった歴史の一部を紹介していく。