警察が女性を救助 ガラガラヘビにかまれる <アップステート>

先月26日夜、ニューヨーク州ロックランド郡の州立公園内で、ハイキング中の女性がガラガラヘビにかまれ、病院に搬送された。同28日付ABC7ニューヨークが伝えた。

警察によると、午後9時ごろ、ブルックリン区在住の25歳の女性がハーリーマン州立公園内の森林でハイキングをしていたところ、有毒で、かまれると死亡することもあるガラガラヘビに左足首をかまれた。

同郡保安官事務所と州公園管理局が通報を受けたが、付近の路面状態が悪く、到着時間がかかりすぎると判断し、市警の航空隊と緊急出動部隊に支援を要請。市警のヘリコプターが女性を救出し、付近の病院に搬送した。女性は完全に回復する見込み。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1088

新型コロナ時代のサバイバルエクササイズ

2021年を迎えても新型コロナウイルスの猛威はなかなか鎮まらない。寒さも合間って自宅での巣ごもりが続くが、ここで運動不足になって抵抗力が落ちてしまうと本末転倒。そこで、今回は自宅でできるエクササイズと、その補助ツールやティップを紹介する。

Vol. 1086

まだまだ激動のコロナ渦教育

ニューヨーク市内の再度のシャットダウンも、いよいよ現実味を帯びてきた。リモート勤務に慣れてきた大人がいる一方、子供、そして親は、対応が二転三転する学校教育に戸惑いを覚えっぱなしだ。今、何が起こっている?

Vol. 1085

冬の乾燥対策で不安を撃退!

寒さが厳しくなるなか、新型コロナウイルスの猛威が再び押し寄せている。冬季は今まで以上にウイルスのまん延が懸念されているため、乾燥対策が重要だ。冬の乾燥対策でさまざまな不安を撃退しよう。