自動販売機を駅に設置 再利用可能なマスクなどを販売 <マンハッタン>

MTAは一部の地下鉄駅構内に、マスクなどの個人用防護具(PPE)の自動販売機を設置する試験的取り組みを開始した。先月30日付CBSニューヨークが伝えた。

使い捨ておよび再利用可能のマスクやKN95マスク、手袋、手の消毒剤、除菌ワイプなどが単品またはセットで販売される。

MTAは、「マスクの着用は地下鉄乗車の際に義務付けられており、マスク入手をできるだけ容易にするための措置だ」と述べた。

自販機が設置される地下鉄は10駅で、マンハッタン区の14ストリート(ユニオンスクエア)、34ストリート(ヘラルドスクエア)、34ストリート(ペンステーション)、42ストリート(ポートオーソリティーおよびタイムズスクエア)、59ストリート(コロンバスサークル)、ブルックリン区アトランティックアベニュー(バークレイズセンター)など。

MTAは、現在全駅で行っている手の消毒剤配布と、駅窓口での使い捨て手術用マスクの配布も続けていく。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。